奥信濃みち 谷街道・飯山街道・大笹街道


<谷街道は、起点を更埴市(稲荷山)とし、矢代を横切り、千曲川右岸(東側)を北上し、中野を経由して 飯山に至り十日町街道と合流して越後十日町に達する通商の道であった。
飯山街道の起点は北国街道神代宿。千曲川東側を北上し、信州の豪雪地帯を往く道。飯山で左折し富倉峠を越えて北国街道新井宿に通ずる道。日本海の塩を運ぶ道。戦国時代越後の上杉謙信の信州攻略の道であった。
大笹街道は、北国西街道福島宿を起点とし、仁礼(須坂市)を経て、上信国堺鳥居峠を越え群馬県嬬恋村大笹へ至る道。群馬県側の呼称は「仁礼街道」。仁礼から、中山道沓掛まで2宿14里(北国街道では10宿20里)で短いため荷駄は専ら大笹経由で運ばれた。 谷街道は今の国道403号、長野電鉄河東線・左岸に千曲川が併走する。飯山街道は、十日町街道を繋げて国道117号線、JR飯山線・右岸に千曲川が併走する。大笹街道は、国道406号線+114号線である。

宿場・峠: :稲荷山松代須坂小布施中野飯山・・・十日町街道(越後十日町)                   飯山豊野(神代)浅野飯山富倉峠・富倉・・・・北国街道(越後・新井宿)                    大笹:須坂(仁礼)・鳥居峠・・・・・・・・・・・・・上州大笹・中仙道沓掛                市町村 :千曲市長野市(松代)須坂市小布施町高山村中野市山ノ内町木島平野沢温泉村栄村(秋山郷)      豊野村三水村豊田村飯山市                                   
宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
稲荷山
千曲市
更埴
千曲市稲荷山
北国西街道稲荷山宿

松代
長野市
長野
長野市松代
北国街道松代宿

須坂
須坂市
須坂
長野東
須坂市訪ねてみたい蔵の町
江戸時代堀須坂藩一万石陣屋。 谷街道・大笹街道の交通の要所として賑った。 明治時代製糸業で栄えたが、戦後は 電子工業部品工業が発達した。明治以降は上高井地方の行政の中心地。
名勝:名松・名桜の臥竜公園・米子瀑布(百撰)。 美術:須坂クラシック美術館・田中本家(博物館)。温泉:須坂温泉信州高山温泉郷への基地・ 地酒:臥竜山・養老正宗
鉄道:長野電鉄須坂下車
北信濃ガイド(須坂市・小布施 町・高山村)
須坂市商工観光課:
  0262-45-1400
小布施
小布施町

上高井郡 小布施町
古くから千曲川右岸を南北に通ずる谷街道の要衝。 小布施栗は名産品として知られる。高井鴻山のバックで葛飾北斎が肉筆を残した町。美術館が多い。
美術:高井鴻山記念館北斎館・岩松院。 温泉:おぶせ温泉穴観音の湯。
地酒:本吉の川・米川・高井鶴・鴻山
交通:須坂長野東IC・須坂駅
小布施町観光協会:
  0262-47-3111
中野
中野市
信州
中野IC
中野市
江戸時代は幕府直轄の天領・代官所が 置かれていた。明治以降,下高井地方の政治・経済の中心地 として発展した。作曲家中山晋平の生地。
志賀高原の自然・一本木バラ公園
中山晋平記念館日本土人形資料館。 温泉:長峰温泉間山温泉。信州中野ICが湯田中・渋地獄谷秋山郷への基地。 地酒:勢・石清水・玉泉天領誉・志賀泉
鉄道:長野電鉄中野駅下車
飯山を経て十日町街道を越後十日町へ
中野市商工観光課:
  0269-22-2111


場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
高山村

上高井郡高山村
千曲川支流の松川 が中央を西流し,村を山田・高井両地区に二分す る。松川渓谷に沿って六つの温泉が並ぶ.村域の85%は山林・原野 で耕地は少ない。
志賀高原の自然;福島正則の屋敷跡(県史跡);松川渓谷の滝(雷滝八滝など); 温泉:信州高山温泉郷( 山田高山五色七味奥山田) ・共・子安温泉森林スポーツ公園YOU游ランド
交通:須坂長野東IC・須坂駅
高山村商工観光課:
  0262-45-1100
山ノ内町
下高井郡山之内町
温泉とスキーとハイキングなど四季を通じて行楽客が多い村.志賀高原を中心にした上信越高原 国立公園の中心的な観光地。
志賀高原の自然・地獄谷野猿公苑
渋湯田中温泉郷( 湯田中新湯田中星川穂波安代地獄谷角間: ・沓野上林)・ 志賀高原の温泉( 巻岩川原小屋発哺木戸池熊の湯硯川よませ三ヶ月の湯高社の湯
地酒:縁喜
交通:長野電鉄湯田中駅下車バス
山ノ内町商工観光課:
  0269-33-1106
木島平村

下高井郡木島平村
主産業は米作,エノキタケ栽 培を中心とする農業である。豪雪地帯であるため冬季の副業と して古くから和紙(内山紙)の生産が行わた。
志賀高原の自然
温泉:馬曲(まぐせ)温泉木島平鬼島温泉クアハウス
地酒:高水錦
鉄道:長野電鉄終点木島平駅下車
飯山
木島村企業観光課:
  0269-82-3111
野沢
温泉村


下高井郡野沢温泉村
30余の源泉、13の外湯が点在する湯煙 昇る温泉の町。 スキーのメッカ。
温泉:野沢温泉・・野沢温泉アリーナクアハウスのざわ
交通: 飯山線戸狩野沢駅下車バス・上越新幹線越後湯沢駅下車特急バ ス(東京から3.5H)・ 車:信州中野ICから26Km
野田温泉村観光課:
  0269-85-3111
秋山郷
栄村

下水内郡栄村
秘境秋山郷(信州三秘境の一つ)。江戸時代鈴木牧之が秋山紀行で紹介。中津川の奥深い渓谷,苗場山と鳥甲山に囲まれ、冬は外部と遮断される豪雪地帯。 豊かな自然の村
秘湯:屋敷・切明・和山温泉○立ち寄り湯:小赤沢上野原栃川高原北野百合居北野中条温泉
交通:飯山線森宮野原駅下車バス津南町経由・信州中野ICから36K
道の駅信越さかえ
栄村観光課:
  0269-87-3111



飯山街道の起点は北国街道神代宿。千曲川東側を北上し、信州の豪雪地帯を往く道。飯山で左折し富倉峠を越えて北国街道新井宿に通ずる道。日本海の塩を運ぶ道。戦国時代越後の上杉謙信の信州攻略の道であった。今は、飯山街道と十日町街道を繋げて国道117号線となり、JR飯山線・右岸に千曲川が併走する。

宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
豊野
豊野町

上水内郡豊野町

北国街道神代宿

浅野
豊田村
豊田・飯山
下水内郡豊田(とよた)村
新潟県との県境をなす斑尾(まだらお) 山の東麓から千曲川西岸にかけて位置する山村。村域の半分を山林・原野が占め,耕地は 2割程度にすぎない。農業が唯一の産業で過疎化の進むが、97年に上信越道豊田飯山ICが開設された.
湯の入温泉もみじ荘
豊田村経済課:0269-38-3111
飯山
飯山市

飯山市:戦国時代上杉謙信が築城前線基地。江戸時代は、本多2万石の城下町。越後とを結ぶ何本もの峠 道は,北信一帯への塩などの輸送路で,飯山に は何軒もの塩問屋があった。 22の寺社(寺巡り遊歩道)・雪国の小京都・仏壇の産地で著名.
斑尾高原・スキー場
いいやま湯滝温泉戸狩温泉
地酒:金瓢養老・北光正宗
鉄道:JR飯山線飯山駅下車
飯山市商工観光課:
  0269-62-3111
富倉峠
富倉
飯山市富倉
富倉そば:つなぎにヤマゴボウの葉を使う独特の伝統のそば
北国街道新井宿へ



大笹街道は、善光寺平から小県郡の高原を経て、上野国(群馬県)高崎に至る道。上野国の呼称は「仁礼街道」。北国街道福島宿を起点とし、仁礼(須坂市)を経て、上信国堺鳥居峠を越え、大笹(群馬県嬬恋村)へ至る。この間は「山道八里」と称し、標高1000bを越える菅平高原を越える険しい道で、冬季は積雪吹雪のため交通不可能になる事が多かったが、大笹から中山道沓掛へ出る道があり、仁礼から沓掛まで2宿14里(北国街道では10宿20里)で短いため荷駄は専ら大笹経由で運ばれた。今の国道406号線+114号線である。

宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
福島
須坂市
須坂長野東
須坂市福島(千曲川岸):北国街道の宿場町.大笹街道の起点.鮎川段丘を上がり仁礼宿に至り、更に宇原川沿いをさかのぼり菅平高原に出て、鳥居峠を越え上野国大笹宿を経由して大戸村(群馬県吾妻町)から高崎に至る。大戸道という。
須坂市の案内は谷街道須坂宿参照
仁礼
須坂市仁礼(にれ):荷駄の集積地として賑わった。
仙仁温泉・日帰り施設「湯蔵んど
鉄道:長野電鉄須坂下車菅平仙仁行きバス20分仁礼下車
中山道沓掛宿まで2宿14里
鳥居峠
1362m・上信国境。江戸時代北信濃の種油が大量輸送されたことから油(あぶら)峠とも呼ばれた。四阿(あずまや)山の遥拝所があり,鳥居が設けられたことからその名がつけられた。戦国時代真田氏軍用道路。巨岩奇岩が点在する。
群馬県吾妻郡嬬恋村大笹へ

・参考文献:宮本常一著「塩の道」講談社学術文庫 ISBN4-06-158677-7
     :日本歴史地名大系 第20巻 平凡社 ISBN4-58-249020-4
・更新:98/06/29・98/11/29・00/08/27・01/10/16
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
もどる