中山道 佐久路


中山道は、江戸時代の五街道の一つ.江戸板橋宿を起点とし、近江(滋賀県)守山宿まで六七宿.信濃路は碓氷峠を越えて、 軽井沢宿に入り、木曽の馬籠宿まで二六宿であった.中山道は、東海道と共に、江戸と京都を結ぶ道であったが、 東海道の方が、交通量も多く宿場の規模も大きく、東海道が126里余五三宿であったのに対し、 中山道は、139里で距離も長く、その上、碓氷峠をはじめ和田峠など峠が多く、人馬の往来に困難であったが、 人の往来が少なく、大河もなく、その渡りや渋滞も少なく、女道とも呼ばれ、盛んに利用された.江戸時代末期、皇女和宮 降嫁に使われた道であった.今の碓氷峠を越える信濃路への道は、国道18号線であるが、追分宿から北国街道を往き、 しなの鉄道、長野行き北陸新幹線、上信越自動車道が、ぼぼ併走する.小諸・岩村田間(小諸道)が国道141号線、 岩村田・上諏訪間が国道142号線である,追分・岩村田間は、旧道を往く.

宿場・峠:佐久路:碓氷峠軽井沢沓掛追分小田井岩村田塩名田八幡望月芦田長久保和田和田峠     :諏訪路下諏訪塩尻峠塩尻洗馬本山                                  :木曽路贅川奈良井鳥居峠藪原宮の越福島須原野尻妻籠馬籠峠馬籠・・(美濃国)坂本 市町村 :東信 :軽井沢町御代田町佐久市浅科村望月町立科町長門町和田村武石村        
宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
碓氷峠 標高1180m・信濃への出入り口。箱根・足柄と並び称されたほどの天下の険。上州(群馬県)との国境の峠。畿内と東国を結ぶ古代東山道の要衝であったが,碓氷峠の南の入山峠をさすといわれる。鉄道も66.7/1000の急勾配(信越本線)。長野行き北陸新幹線開設で横川・軽井沢間は、廃線となった. 日本武尊が、東征の折り、ここで弟橘姫(おとたちばなひめ)を偲び、「吾嬬はや」と嘆いた所(県歌「信濃の国」に歌い込まれている).熊野皇大神社:信州側に那智宮。上州側に新宮。国境に新宮がある。 前の宿は上州坂本・トンネルの開通は明治26年・上信越自動車道は和美峠下を抜ける
軽井沢 軽井沢町 碓氷峠軽井沢 北佐久郡軽井沢町:浅間三宿の一つ。 旧街道の面影はない。別荘地・夏の避暑地として有名、避暑地軽井沢を世に知らしめた英国人宣教師 A.C.ショー:日本聖公会教会ショー記念礼拝堂に彼 の面影を偲ぶ。 重文:旧三笠ホテル・雲場池・ 白糸の滝・文学碑 ゆうすげ塩沢小瀬星野 塩壺千ヶ滝温泉 上信越自動車道碓氷峠軽井沢ICから県道下仁田軽井沢線で約12km
軽井沢町観光商工課:
  0267-45-8111
沓掛
沓掛は現在の「軽井沢町中軽井沢」 軽井沢と追分の間の宿駅。草津道を通じ、物資輸送上では重要地点であった
草津道で上州大笹経由、大笹街道で仁礼和美峠を経て上州下仁田へ
追分
北国街道との分岐点。(分去れ) 茶屋「つるがや」に往時の面影をみる。油屋(脇本陣)・土屋氏(本陣)改築。 [ふき飛ばす石も浅間の野分かな」芭蕉 浅間神社・諏訪神社; 民謡「追分節」・そば:ときや本店
鉄道:しなの鉄道追分駅下車浅間山目指し北へ徒歩10分・R18横切る。
北国街道の次の宿は「小諸
中山道の次の「小田井」宿まで 5km・旧街道をゆく



追分の分岐で旧街道を南に下る。往時の街道の面影を残す。国道18号は北国街道へ。信越本線・上信越自動車道とも国道18号沿いを走る。国道は、141号線が小諸市から南下し岩村田で合流する。岩村田からは142号線。和田峠越えは中山道随一の難所

宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
小田井 御代田町 佐久 北佐久郡御代田町小田井:往時を色濃く残す。用水路・格子作りの古い家並み・本陣荷送り中継点の重 要な役割(二軒の独立した問屋):訪れてみたい歴史町 大谷地温泉
鉄道:しなの鉄道御代田駅下車・岩村田方面行きバス5分・小田井中央下車
御代田町産業経済課:
  0267-32-3111
岩村田 佐久市 佐久 佐久市岩村田: 1万5千石内藤藩の城下町・商人の町。佐久鯉発祥の地。古代の大井郷,中世の八条院領大井荘の中心集落。中世後期には守護小笠原氏の一族大井氏が支配した. 湯川温泉龍雲寺(武田信玄の遺骨)・ 江戸時代前の古宿場:荒宿通り
交通:JR小海線岩村田下車・しなの鉄道小諸駅からバス20分
下仁田街道小諸道・信州佐久街道・中山道の四街道分岐
佐久市商工観光課:
  0267-62-2111
塩名田 浅科村
北佐久郡浅科村(あさしなむら)塩名田(しおなだ): ここで千曲川を渡る。川幅中州を含め30間180m・本陣(丸山氏宅)
浅科村は、古代の官牧望月牧の一部を含み,御牧原(みまきがはら)には御馬寄(みまよ せ),駒寄など牧に関連する地名が今に残る。。
船つなぎ石;重文「駒形明神社
交通:しなの鉄道小諸駅から塩名田経由野沢行きバス約20分・県道塩名田佐久線沿い。
浅科村産業課:
  0267-58-2001
浅科村産業課:0267-58-2001
八幡 浅科村
北佐久郡浅科村八幡:宿の名は八幡神社に由来する。浅科村の中心集落 重文「八幡神社」高良社(こうらしや);あさしな温泉穂の香乃湯 浅科村産業課:
  0267-58-2001
望月 望月町
北佐久郡望月町:古代の官牧「もちずきの牧」。街道沿いの昔ながらの看板多数。下駄屋の看板は下駄の形。 隣の間の宿・「茂田井(もたい)」に、造り酒屋:武重本家大沢酒造の酒林 重文:旅籠真山(さなやま)家住宅・福王寺の木造阿弥陀如来座像;天来記念館,馬事公苑; 春日温泉望月温泉春日渓谷の紅葉
地酒:金蝶御園竹大吉野
望月町企画課:
  0267-53-311
芦田 立科町
北佐久郡立科町芦田: 南北に細長くのび,南縁には蓼科(たてしな) 山,八子ヶ峰(やしがみね)がそびえる。中心集落の 挿田は近世には中山道の宿駅として栄え,小諸 藩の生糸改所が設けられていた。 格調高い旅籠「つちや」; 立科温泉権現の湯; 信濃五山の一つ「津金寺 立科町観光商工課:
  0267-56-2311
笠取峠 標高887m:天然記念物指定。芦田宿と長久保宿の間;揺るやかの昇り:小県と佐久の郡境 天然記念物:笠取峠の松並木;753本→110本残・約1000米。遊歩道公園・国道142号線は併走
長久保 長門町
小県郡長門町: L型の家並みの宿。下諏訪へ28km・追分へ32km中間点として賑わう。町域の大半は霧ヶ峰北東麓の広大なすそ野で,千曲川の支流依田川の扇状地にわ ずかに水田が広がる。 中山道最古(寛永)の本陣跡・りんどうの郷温泉センター長門温泉やすらぎの湯
交通:しなの鉄道上山田駅下車上田丸子電鉄バス50分・中央東線下諏訪駅下車バス70分
分岐:大門街道で上田へ
長門町観光協会:
 0268-69-2911
和田 和田村
小県郡和田村: 江戸より28番目の宿場町・信州の中央に位置し下諏訪へは五里半(21.6km)風光明媚な宿・峠越えの準備の宿 「木問屋」が材木輸送の要役。村域の90%が山林・原野で,耕地は依田川沿いなどに限られる。 旧石器時代の黒耀石の原産地の遺跡:男女倉遺跡・古い歴史を誇る村・和田宿温泉「ふれあい の湯」・史跡和田宿本陣;美ヶ原高原;
交通:JR北陸新幹線上田駅又はJR中央線下諏訪駅下車バスいづれも60分
和田村振興課:
  0268-88-2345
和田峠 標高1531m・中山道信濃路随一の難所・冬は降雪・黒曜石の峠・頂上に「地蔵菩薩」石像と「馬頭観世音」の二つの碑・下 諏訪への九十九(つづら)折の急坂を下る。 次は 下諏訪宿


宿場峠
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
和美峠
984m下仁田街道(43)上州下仁田と軽井沢を結ぶ峠。中山道の碓氷(うすい)関は〈入鉄砲出女〉の制限が厳しく,女人は富岡,下仁田を経て信州の沓掛宿に出たが,この女街道(姫街道)が和美峠を越えており,中山道の脇往還として利用された 女街道・中山道脇街道・上信国界;軽井沢への表玄関
大門峠 1443m・古の東山道の峠・車山東部の鞍部・茅野市との境界。大門街道(152)は上田・善光寺への道・武田信玄の軍用棒道徳川秀忠が関ヶ原に向かった峠 長門町観光協会:
  0269-69-2911
武石村
小県郡武石村: 村域の大部分が筑摩山地に属し,西部に美ヶ原が広がる。主産業は農業。ビーナスラインの完成(1981)により美ヶ原 の観光地化が進み,観光客も年々増えている 岳ノ湯温泉 美ヶ原高原・美ヶ原高原美術館;と もしび博物館 武石村商工観光課:
  0268-85-2311

・参考リンク:江尻光良の別荘と中山道のページにある中山道のページバーチャル中山道「新・岐蘇路安見絵図」・信濃国
軽井沢−沓掛−追分小田井−岩村田−塩名田−八幡望月−芦田−長久保−和田
・参考文献:宮本常一著「塩の道」講談社学術文庫 ISBN4-06-158677-7
     :日本歴史地名大系 第20巻 平凡社 ISBN4-58-249020-4
・更新:98/07/05・00/10/09・01/10/16
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
もどる