晋平の里・間山温泉ぽんぽこの湯
中山晋平の故郷の中野市に平成二年温泉掘削に成功し。平成五年(1993)四月オープンした公共日帰り利用専用温泉施設。市街地を見下ろす高台にある。北信五岳の眺望が素晴らしい横長の大浴場と岩造りの露天風呂がある。ぽんぽこの湯の名称は中山晋平作曲の「証城寺の狸囃子」に因んで付けられた.中野市は江戸時代は天領。代官屋敷が置かれていた。
施設 ぽんぽこの湯:電話:0269-23-2686
場所 〒383-0033 長野県中野市間山956
道路 上信越道信州中野ICから車
鉄道 長野電鉄河東線信州中野駅からタクシー15分
泉質
効能
Na塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉):46度・PH 8.65・掘削284m・56g/分
神経痛・関節痛・慢性消化器病・慢性皮膚病・慢性婦人病・動脈硬化症など
備考 照会:中野市商工観光課:0269-22-2111
鑑賞:中山晋平記念館日本土人形資料館
地酒:勢・岩清水・玉泉・天領誉・志賀泉

地図
露天風呂からの眺め

ぽんぽこの湯遠景
・感想・評価:遅い雪の降った翌日の春分の日に訪れた。曇っていたが、露天風呂から北信五岳の内、黒姫山。妙高山・斑尾山が峰を連ねていた。 抜群の眺めが湯に浸かって眺められる開放感あふれる湯。湯の温度も適当で楽しめた。。ゆ:源泉のアルカリ性高いゆ4・立地:高台のみはらしが良い5・仕掛け:男女別大浴場と露天風呂5・総合4.5。(99/03/21)
一本木公園でバラまつりが行われている当日二度目の訪問。北信五岳は、霞んでいた。写真はこのときのもの。写真を撮るに相応しい天気ではなかったが、開放的な露天の湯はやはり気持が良い。この露天にバラを浮かべた写真があった。バラ風呂が行われているらしいとふと見ると6/17バラ風呂の案内が貼ってあった。(01/06/02訪問)

日帰り||時間・定休日||10am-9pm・無休|
     |入浴+休憩料||大人 \250(+150) 小人 \100(+0)|
     |主な施設  ||男女別:大浴場・露天風呂・大広間・売店・食堂|
|宿泊 ||施設    ||なし|
・制作:98/02/15・更新:99/03/28・00/07/02・01/04/22・01/06/08
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ