名称 豪商の館・田中本家・博物館 池泉廻遊式庭園
案内 江戸時代の豪壮な豪商の館の一部を解放し所蔵品を展示。庭も見事な造り。
江戸中期の享保18年(1733)初代新八が、現在の地で穀物・菜種油・煙草・綿・酒造業など商いを始めて以来、代々須坂藩の御用達を勤めると共に名字帯刀を許される大地主へと成長し、幕末には士分として藩の財政に関わる重責を果たし、その財力は須坂藩を上回る北信濃屈指の豪商になった。当時の面影を伝える屋敷構えは、三千坪の敷地の四方を20の土蔵が取り囲む豪壮なもので、内部には天明年間(1780年代)作庭の池泉廻遊式庭園の他客殿や主屋などの建物が軒を連ねていて、四季折々の散策が楽しめる。この土蔵には、江戸中期から昭和までの田中家代々の生活に使用された品々「衣装・漆器・陶磁器・書画・文書・・」が大変良い状態で残されており、その質と量の豊富さから近世の正倉院ともいわれ、土蔵五棟を改装した展示館では常設展示のほか年五回の企画展示も行っている(パンフレットから引用)
交通 鉄道:JR長野駅で長野電鉄に乗り換え特急15分須坂駅下車タクシー5分・徒歩30分・車:長野道須坂長野東ICより約6km
場所 〒382-0085 長野県須坂市穀町476
電話 025-248-8008
照会 須坂市商工観光課:0262-45-1400
入館 ■開館:9:00-17:00/4-11月・9:30-16:30/12-3月■休館:毎週火曜日・祝祭日の翌日・年末年始・展示替えなどによる臨時休業■料金:大人\600・中高生\300・小学生\150・(特別展示は別料金)・20名以上団体割引あり
施設 展示館5棟・日本庭園・軽食喫茶コーナー・ミュージアムショップ・駐車場(大型バス10台・乗用車50台)
備考 財団法人として平成五年四月より一般公開
晩秋の田中本家を訪問した。門を入ると前庭に見事な菊の懸崖が飾られていた。見事に紅葉した庭木もあり、秋の風情が美しかった。館内は婚礼衣装展示が行われていた。金にあかした豪華な衣装が並んでいた。館を出て土蔵の間の道を抜けると、松坂の殿様もお忍びで鑑賞したという見事な庭園があった。また傘に仕立てた菊の造作があり作菊の技の見事さを感じさせた。土蔵で取り囲んだ豪壮な館であった。(98.11.14訪問)

家を囲む土蔵 入り口 前庭風景 土蔵に囲まれた路地 傘仕立ての菊の造作 内庭風景
・制作:98/11/23・更新:00/08/27
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ もくじへ