北国西街道(善光寺街道)


北国西街道は、中山道と北国街道を繋ぐ道として開削された道で、中山道洗馬宿から北上し丹波島で北国街道と合流する道である. 善光寺街道とも呼ばれ、西国の人々の善光寺参り、信濃以北の人々の伊勢参り・金比羅参りで賑わった道であった. が、明治35年(1902)篠ノ井線の開通により急速に寂れた。今は、国道19号線が、塩尻から北上し、明科で国道403号に繋ぐ.長野自動車道が併走する.国道19号線は、犀川に沿って長野市まで通ずる幹線道路である.
岡田宿から分岐し、保福寺峠を越えて上田に抜ける保福寺街道は、別名松本街道とも呼ばれ、古の道東山道である.今は、国道103号が保福寺峠をバイパスして通じている.

宿場・峠:洗馬郷原村井松本岡田刈谷原会田乱橋青柳麻績・聖峠・桑原稲荷山丹波島(篠ノ井)・善光寺 市町村 :国道 19号:塩尻市松本市・豊科町明科町生坂村八坂村大岡村信州新町・・長野市             ・国道103号:松本市四賀村・青木峠・青木村・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上田市             ・国道403号:明科町本城村坂北村坂井村麻績村千曲市・・・・・・・・・・・長野市        
宿場峠
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
洗馬 塩尻市 塩尻 塩尻市洗馬 中山道洗馬参照
郷原 塩尻市郷原:洗馬宿と村井宿との中継宿・街道の両側に緑の庭木が続く、美しい宿場の景観を残している. みどり湖温泉高ボッチ温泉片丘温泉;交通:JR中央本線塩尻駅下車バス15分・徒歩40分 塩尻市観光課:
  0263-52-0280
村井 松本市 塩尻北 松本市芳川村井:市の南端。平安の昔からの宿場(覚志かかし).昔の問屋はお医者さん(稲荷神社同居) 神明宮
JR篠ノ井線村井駅下車徒歩3分
松本 松本 松本市: 平安時代信濃国府がおかれていた。 松本城は現存する最古の城。昔深志城とい った。中世には信濃国守護小笠原氏本拠地。武田信玄・石川数正・・ 江戸時代戸田六万石.明治に筑摩県庁が置かれた。古くから松本盆地の中心・交通の 要所で物資の集散地であった.旧街道沿いの中町は、蔵の街として往事の面影を残すところ 国宝松本城・旧制松本高等学校・開智小学校・浮世絵博物館・美ヶ原高原;松本温泉(信州会館)浅間温泉新浅間温泉美ヶ原温泉入山辺温泉扉温泉崖の湯温泉; そば:三城そば・もとき・こうの・こばやし
地酒:深志鶴・夫婦松・善哉・岩波・笹の誉・アルプス正宗・大信州・娘盛
鉄道:中央本線松本駅下車
千国街道(糸魚川へ)
野麦街道(飛騨高山)
国道254号を上田
松本市観光温泉課:
  263-34-3000
岡田 松本市岡田町:市の北のはずれにある。 刈谷原と松本の間が長いため設けられた宿・松本藩の番所が置かれていた。旧道は国道143号沿い. 岡田神社
松本駅バスターミナルからバス上田行き20分
保福寺峠を越え青木村を経て上田へ(保福寺街道)
刈谷原
会田
四賀村 豊科 東筑摩郡四賀村刈谷原(かりやはら)・会田:長野へは立ち峠・猿ヶ番場峠が・上田へは青木峠・保福寺街道保福寺峠が、松本へは刈谷原峠が立ちふさがる山間の宿。篠ノ井線開通までは交通の要所として栄えた. 四賀村は秋の松茸の里。山間の小邑・素朴の宿。 四賀村化石館
温泉:穴沢温泉松茸山荘
地酒:月光(菊水醸造店
福寿草自生地(赤怒川区・福寿草祭り)
JR篠ノ井線明科下車バス25分
国道143号沿い
分岐:青木峠を越え小県郡 青木村を経て上田市
四賀村商工観光課:
  0263-64-3111
乱橋 本城村 東筑摩郡本城村(ほんじょうむら):中心集落の西条(にしじよう)が,間宿(あいのしゆく)的性格をも っていた。 西条温泉(富蔵荘)
JR篠ノ井線西条駅下車
河鹿沢西条停車場線+国道143号を青木峠を越え上田へ
本城村振興課:
  0263-66-2111
青柳 坂北村 麻績 東筑摩郡坂北村:青柳宿は小笠原氏に滅ぼされた平安時代から続いた豪族青柳氏の本拠地。今は三方を山に囲まれた傾斜地に30戸足らずの家並みがある。地名は立ち峠の北側という所から付けられた。 天台宗古刹岩殿寺(重文:木造大日如来座像・金銅十一面観音釈梼聖観音像)
差切峡温泉(坂北荘)差切峡温泉鳥立温泉(差切旅館)
地酒:山清(山崎酒造)
JR篠ノ井線坂北駅下車徒歩5分
国道19号を明科で東に折れ県道松本埴生線を14km入ったところに旧宿場町「青柳」がある
坂北村振興課:
  0263-66-2211
麻績 麻績村 東筑摩郡麻績村:古東山道支道麻績郷。 猿ヶ番場峠麓の粛として昔賑わった。本陣が置かれた. 麻績神明宮があった・天台宗福満寺(重文:薬師如来座像)
聖山一帯は県立自然公園(猿ヶ番場峠:昔難所)
みたらし温泉(麻績村福祉センター)
JR篠ノ井線麻績駅下車徒歩5分
麻績村観光課:
  0263-67-3001
桑原 千曲市 更埴 更埴市桑原:雷よけの「くわばら」は 此処の伝説・西に高雄山、南に姨捨山。猿ヶ番場峠入り口。町並みは今でも典型的宿場町の特徴を残す 信越本線屋代駅下車バス桑原行き20分・聖高原の麓 更埴市商工観光課:
  0262-73-1111
稲荷山 更埴市稲荷山: 江戸時代越後との交易の中継地・呉服問屋を中心に商取引の場として栄えたかっての北信濃最大の宿。白壁・粗壁・なまこ壁・腰板張りの壁んどの大きな蔵が多い:訪れてみたい歴史町 信越本線屋代駅から15分 稲荷山温泉八幡温泉ホテルうづらや・古社武水別神社・ 長楽寺 谷街道の起点。
篠ノ井 長野市 長野市篠ノ井: 川中島平南部。合併前は、篠ノ井市だったところで,信越本線と篠ノ井線の分岐点をなす交通の要地として明治以降発達した。


宿場峠
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
明科町 豊科 東筑摩郡明科町(あかしなまち): 北アルプスを源とする高瀬川・穂高川・梓川が合流して犀川となる水の豊かな水郷の町。江戸時代は、犀川舟運の河港として発達し,押野には松本藩の筏改番所が置かれた。 アヤメの龍門淵公園;長峰山の景観天平の森明科温泉長峰荘
そば:高野屋
地酒:広田泉(明科酒造)
国道403(本城:坂北・麻績村)・国道19号(生坂・大岡・信濃新町)
明科町産業課:
  0263-62-3001
生坂村 東筑摩郡生坂村(いくさかむら):犀川添いの村,
県天然記念物:小立野の乳房イチョウ;湯の沢温泉古坂温泉; 国道19号沿い 生坂村振興課:
  0263-69-3111
大岡村 更級郡大岡村(おおおかむら): 筑摩山地に位置する山村。村面積の7割が山林・原野 国道19号沿い・犀川右岸
大岡村観光課:
  0262-66-2121
八坂村 北安曇郡八坂村: 犀川(さいがわ)丘陵に位置する山村。 唐花見(からけみ)湿原は高層湿原として有名。覚音寺(重文:千手観音像・木造持国天立像・多聞天立像);鷹狩山:北アルプスを含む パノラマ; 金熊温泉保養センター ふれあいセンターさざなみ 国道19号沿い・犀川左岸
八坂村産業課:
  0261-26-2001
坂井村 麻績 東筑摩郡坂井村: 筑摩山地の四阿屋(あずまや)山,大林山,冠着(かむりき)山に囲まれた農山村。 定額寺の安養寺
草湯温泉(冠着荘)クワハウス坂井
大町麻績インター戸倉線(県道55号)を四十八曲峠を越え更級郡上山田町
JR篠ノ井線冠着駅下車・ 坂井村振興課:
  0263-67-2002
信州信町 上水内郡信州信町:羊の肉が美味しい。中心集落の新町は江戸時代には松本と 結ぶ犀川通船の起点。物資の集散地として賑わった, 国道19号沿い
景勝地:水内ダム上流側の琅鶴湖,久米路峡(信濃の国に歌われる)・県史跡:牧ノ島城跡;新町美術館・有島武郎記念館; 不動温泉水内温泉
信州新町経済課:
  0262-62-2200

・参考文献:宮本常一著「塩の道」講談社学術文庫 ISBN4-06-158677-7
     :日本歴史地名大系 第20巻 平凡社 ISBN4-58-249020-4
・更新:98/07/01・98/12/01・99/08/30・00/10/09・01/02/07
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
もどる