北国街道 北信濃路


北国街道は、正しくは北国脇往還というが、中山道追分と北陸道高田を結ぶ35里(140km)、信州を横断する道. 道筋は、追分宿分去れで中山道と分かれ、千曲川右岸を辿り、丹波島宿でで犀川を渡り、善光寺宿に出て、 吉村坂を越えて牟礼宿へ・野尻湖の野尻宿から信越国境の峠を越えて越後国に入る本筋と、 矢代宿で分岐し松代を経て福島宿で千曲川を渡り、牟礼宿で本筋に合する松代道の二筋の道があった. この道は、裏日本と表日本を結ぶ重要な道で、佐渡の金山からの金の輸送、加賀の前田藩はじめ北陸諸藩の参勤交代の通路、 関東と北陸の物資の輸送路、善光寺参拝の信仰の道として利用された. 今の国道18号線がほぼ本筋に沿って通じている.JR信越本線・上信越自動車道がこれに併走する. 98年2月に長野で開催された冬季オリンピックを契機に、JR信越本線は、群馬県横川駅から長野駅までが廃止され、 長野行き北陸新幹線が新設され、軽井沢駅から長野駅までの区間は、しなの鉄道という私鉄に移管された. 県歌信濃の国にも歌われている急勾配の横川軽井沢間は、廃線となり、バスが運行されることとなった.

宿場・峠:東信濃路:中山道追分小諸田中海野上田                            ・北信濃路:坂木戸倉矢代丹波島善光寺稲積牟礼古間柏原野尻・・高田(北国街道)     ・・・・・・・・・・・・↓松代川田福島長沼神代↑:松代通り松代五宿          市町村 :北信:坂城町千曲市長野市牟礼村信濃町豊野町                             ・中条村戸隠村鬼無里村小川村三水村                              
宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
坂木 坂城町 坂城 埴科郡坂城町(さかきまち): 南条(鼠宿)中条(中ノ条)北条(坂本宿);葛尾山城:村上氏本拠・信玄に破れる。現在は機械・金属工業を中心とした工業の町。農業はリンゴ,ブドウを主とする果樹とバラの栽培が盛ん。 県史跡:村上氏城館跡;式内社坂城神社;曹洞宗満泉寺;しなの鉄道坂城駅 北国街道上田宿から
室賀峠を越え上田市室賀へ
坂城町商工課:
  0268-82-3111
上戸倉 千曲市
戸倉

千曲市戸倉磯部:坂城より1里・間の宿・余り使われなかった。

下戸倉 千曲市戸倉:天領戸倉の宿は、旅籠36軒・茶屋17軒南北1.5kmの賑わった宿場は、当時の面影無し。温泉開発は明治以降。 対岸の上山田町とあわせ戸倉上山田温泉をなす. 戸倉上山田温泉 水上布奈山神社
鉄道:しなの鉄道戸倉駅下車
一本松峠を越え北国西街道麻績宿へ分岐
千曲市役所戸倉庁舎
  026-275-0004 
矢代 千曲市
更埴
更埴 千曲市 屋代:千曲川を渡る方法の選択を迫られた宿場。即ち川を渡る三つの選択があった。@小市の渡し:18丁川上A久米路橋:3里川上B大豆嶋の渡し:30丁川下である。 市の南東の森,倉科地区は日本一のアンズ栽培地で〈アンズの里〉とよばれ,10万本のアンズの花の咲く4月中旬には多くの観光客を集める 須々岐水神社;森将軍塚は前方後円墳;森温泉あんずの森;しなの鉄道屋代駅 松代道分岐
千曲市役所更埴庁舎
   026-273-1111
丹波島 長野市 長野 長野市丹波島: 犀川の渡し場として栄えた宿場町 脇本陣跡・茅葺きの問屋跡・本陣跡・旅籠:和泉屋・小松屋・加賀屋に昔の面影残る.犀川渡し口(丹波島橋)。木留神社・観音寺 北国西街道へ分岐
善光寺 長野市:古刹「善光寺」門前町.善光寺は阿弥陀信仰により全国に信者を持ち、善光寺に詣ると仏の世界に導かれると云われ、帰依した源頼朝や参拝した親鸞・一遍から庶民と広い信仰を集め、今でも参拝が絶えない。御開帳:7年に1度(平成9年1997.4.6-5.31)。県庁所在地、合併で松代篠ノ井川中島・若穂地区を擁し、広大な市域を有す。1998年に冬季ながのオリンピック開催時のメーン会場 長野県信濃美術館北野美術館
善光寺山の神中尾山温湯保科温泉見晴の湯
地酒:雲山・若緑・美園松
長野行き北陸新幹線長野駅下車。
飯山道へ分岐
千曲川布野渡へ分岐
国道406号・戸隠鬼無里・小川村を経て白馬村へ
長野市観光課:
  0262-26-4911
稲積




牟礼 牟礼村
上水内郡牟礼村牟礼:武州加州道中堺:江戸と金沢の中間点延喜式より越後国府と信濃国府をつなぐ宿場。中心は本陣のあった小玉部落 今は寂れて面影なし。 むれ・天狗の湯
地酒:七福
松代道へ分岐
飯山道へ分岐
JR信越線牟礼駅下車
牟礼村商工観光課:
  0262-53-2511
古間 信濃町
上水内郡信濃町古間:は渡世人。短夜に 古間の人のたくみかな(一茶) 先土器時代の杉久保遺跡
柏原
上水内郡信濃町柏原: 俳人「小林一茶」誕生終焉の地。文人墨客の宿。
わが里は 朝霧昼霧夜霧かな (一茶)
これがまあ つひの栖か雪五尺(一茶)
あとどもは 霞引きけり加賀守(一茶)
一茶俤堂・一茶記念館・一茶終焉の土蔵。昔の栄光:中村六左衛門家
JR信越線黒姫駅下車
飯山道へ分岐
戸隠道へ分岐
信濃町商工観光課:
  0262-55-3114
野尻 野尻 上水内郡信濃町野尻: 越後との国境の宿・昔より栄えた野尻は商人宿。 明治の大火で灰燼に帰し昔語る物なし 黒姫温泉 野尻湖(ナウマン象の化石):北信五岳を映す芙蓉花の形の湖。 外国人村
JR信越温泉黒姫駅からバス10分
中野を経て飯山に至る千曲川東側を通る川東街道への分岐
越後の国:関川の関・関川宿(新潟県中頚城郡妙高高原町)を経て北陸道高田宿へ


松代道:松代五宿
宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
雨宮 千曲市
千曲市雨宮 雨宮坐(あめみやにます)日吉神社・川中島の合戦跡:雨宮の渡し跡(鞭声粛々夜渡河(頼山陽詩碑)・妻女山・八幡原川中島古戦場(三太刀七太刀之跡)
長野電鉄雨宮駅下車
松代  長野市 長野 長野市松代町松代:川中島合戦のおり武田信玄の海津城築城(1553)が始まり.江戸時代真田氏十万石城下町・武家屋敷等江戸時代佇まいを多く残す町:訪れてみたい歴史町 散策拠点:真田邸と真田宝物館長国寺(御霊屋)旧文武学校象山神社・重文横田家住宅大英寺松代加賀井温泉; そば処:日暮し庵
地酒:象山正宗・海津桜
北国街道矢代
長野電鉄松代駅下車
川田 長野市若穂川田

福島 須坂市 須坂長野東 須坂市福島・福島(ふくじま)は 須坂市村上から千曲川堤防を上流に4kmの所にある。土蔵塗りの家並みが、当時を偲ばせる。丹波島の川止めでも布施の渡しをで千曲川を渡り福島宿に入れた(松代通りはこの為に有った)。 鉄道:長野電鉄井上駅下車
須坂市の案内は谷街道須坂宿参照。
谷街道の起点。千曲川右岸を北上し飯山に至る。
長沼




神代 豊野町
上水内郡豊野町:長野市の北東。小さな町。リンゴは県下で有数の生産量を誇り、国道18号線沿線にはリンゴの直売所などが林立し,アップルラインとよばれる。 JR信越線豊野駅・飯山線始発駅 飯山道へ分岐(起点)
北国街道牟礼
豊野町産業振興課:
  0282ー57-3131


場所 高速道 概要 温泉などの案内 照会先・分岐など
室賀峠 標高765m・坂城町村上と上田市室賀を結ぶ峠・村上・信玄激戦(1548.2.14)で使われた峠・上田と長野を結ぶ千曲川左岸唯一の道路であった 上室賀坂城停車場線(県道160)
千曲市
千曲市上山田: 千曲川中流左岸に位置し,1903年に千曲川の河床に温泉が発見されてから北に接する戸倉町にかけての温泉と一体となり,戸倉上山田温泉として発展した。現在は県下有数の歓楽郷である。 戸倉上山田温泉; 式内社波閇科(はべしな)神社; 智識寺(重文:大御堂・十一面観音)・万葉公園 四十八曲峠を越え北国西街道麻績宿へ分岐
千曲市役所上山田庁舎
   026-275-1050 
長野市
長野市篠ノ井: 屋代から千曲川船渡し(今篠ノ井橋)対岸 地酒:本老の松・信濃光 犀川道分岐(更級郡今井・今里を経て犀川小市渡へ至る)

長野市川中島町: 千曲川西岸。川中島平は16世紀武田信玄と上杉謙信の川中島の戦で知られる。 川中島斗免(とめ)神社
地酒:富士横綱・桂正宗八州鶴

四十八曲峠 標高1037m・東筑摩郡(坂井村)と更級郡(上山田町)との境界・古代東山道支道麻績郷と村上郷を結ぶ重要な峠であった。眼下のJR篠ノ井線・高速長野線・長野盆地・戸隠連峰の展望(古峠)開く。 四十八曲峠から冠着山(姨捨山)への道あり。上山田温泉から12`・車で30分
一本松峠 標高931m・埴科郡戸倉町・東筑摩郡麻績村を結ぶ峠・冠着(かむりき)山(姨捨山)西の鞍部・JR篠ノ井線冠着山トンネル、高速長野道一本松トンネル が地下を抜ける。 更科市千曲高原から峠を経て冠着山まで4`・徒歩2時間
三水村
上水内郡三水(さみず)村: 新潟県境にある斑尾(まだらお)山南方に位置する高原の村。純農村。長野市ベットタウン。
三水村経済課:0262-53-2501
中条村
上水内郡中条村: 長野市の西,大部分が犀(さい)川支流の土尻川流域にあり,一部は北の裾花川流域 にまたがる。一帯は起伏の激しい筑摩山地で、傾斜地が多く水田はきわめて少ない。 梅木鉱泉;日下野(くさがの)の大内山神社にあるスギは県天然記念物。オリンピック道路(長野〜白馬ルート)は村域の南部を横断する 中条村振興課:0262-68-3001


戸隠道
宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
戸隠 戸隠村 長野 上水内郡戸隠村:平安時代から修験者が集まる信仰の地。戸隠神社の門前町.戸隠そばの里。豪雪地帯。 戸隠神社:中社・奥社・宝光社。戸隠森林公園・戸隠牧場
そば処:極意うずら屋・大久保
戸隠村観光課:
  0262-54-2323
鬼無里 鬼無里村
上水内郡鬼無里村(きなさむら): 山里の村。村の大半は、森林。樹齢300年以上のブナ原生林・本州一の水芭蕉の群生地のある奥裾花自然園、。遅い春の新緑(5月中旬が良い)秋の紅葉・自然の恵み豊かな鬼女伝説の里 奥裾花自然公園・水芭蕉群生地奥裾花温泉・国民宿舎鬼無里荘; 鬼無里歴史民族資料館;日影に平維茂の祈願所 といわれる白鬚神社(本殿は重文)
交通:長野市から国道406号をバスで1時間の所にある
鬼無里村観光商工課:
   0262-56-2211
高府 小川村
上水内郡小川村: 土尻川沿いの狭い平地と山間の傾斜地に100余の集落が散在する山村。高府は、県道長野・大町線沿いの街 村で,戸隠村に通ずる小川・戸隠線が分岐しており,古くから山中の交通上の要地であった。 星と緑のロマントピア:小川天文台・プラネタリウム館・星と緑のロマン館; 信濃三十三番留所「高山寺」・三十二番「西照寺」
小川の庄おやき村:おやき・縄文手打ちそば
千国街道(R147)白馬村
小川村経済課:
  0262-69-2323

・参考文献:宮本常一著「塩の道」講談社学術文庫 ISBN4-06-158677-7
     :日本歴史地名大系 第20巻 平凡社 ISBN4-58-249020-4
・更新:98/07/01・98/11/28・00/10/05・01/07/09・01/10/16
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
もどる