山ノ内町散策:99.08.03 & 04

志賀高原 地獄谷 玉村酒造店 道の駅[北信州やまのうち」
北信濃の山ノ内町は、渋湯田中温泉郷志賀高原を抱え観光資源の豊かなところである.
志賀高原には、紅葉の季節に何度か訪れたことがあるが、志賀高原を主目的に遊んだことが無い. 8月初旬の会社の夏休みを利用して、志賀高原地獄谷を訪ねてみた.
冬はスキー客で賑わう志賀高原の夏は、池巡り・トレッキング・自然観察など、訪れる人の好みと体力に応じた コースやイベントが用意されていて、上信越国立公園の大自然を満喫できるようになっている.
地獄谷は、渋温泉の奥にある.太古の地殻変動の時代から吹き出しているという大噴泉の様が、 地獄谷の名前の由来らしいが、訪れたときは青空の下、明るい横湯川の辺に噴泉のある風景は 地獄を連想しない.ここは、秘湯の源泉の湯の宿「地獄谷温泉後楽館」と、温泉に浸かる猿で有名な「野猿公苑」がある行楽の地である.
山ノ内町への交通のルートは、電車では、長野電鉄湯田中から入るが、車では、上信越道信州中野インターからアクセスする. インターを降りると長野オリンピックの時に整備された道路が通じていて、 渋湯田中温泉郷を構成する各温泉街や志賀高原へ、快適に通行できるようになっている. 道沿いに、道の駅「北信州やまのうち」があった.内部は情報物産館になっているらしいが、訪れた8月4日は水曜日でお休みであった.
また沓野インターから地獄谷温泉への道沿いに、町で一つの地酒「縁喜」の蔵元「玉村本店」があった. 地元では人気のお酒で、温泉旅館の夕餉に饗されるところが多い.事実宿泊した発哺温泉薬師の湯でも縁喜の生酒が用意してあった.

・後日談その1:01/02/31:湯田中温泉よろづや
・後日談その2:01/03/13:渋温泉探訪外湯9湯巡り
・後日談その3:01/06/01:新湯田中温泉巡浴

・問い合わせ:山ノ内町観光協会・電話:0269-33-1106
・制作:99/08/12・更新:01/03/23・01/09/08
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる ホームへ