熊の湯
温泉
標高1700m群馬県境に近い志賀高原の自然の中にある.志賀高原の最奥.夏でもクーラーのいらない涼しさ.嘉永元年(1848)幕末の志士佐久間象山が発見したという.名は、手負いの熊がこの温泉を使って傷を癒したいう故事による
旅館 熊の湯温泉ホテル:電話:0269-34-2311
場所 〒381-0400 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原熊の湯温泉
道路 上信越道信州中野IC+R406+R292(車40分)
鉄道 長野電鉄湯田中駅より硯川又は白根火山行きバス45分熊の湯下車
風呂総檜の大浴場男女別各1
泉質
効能
硫化水素泉:72度・PH 7.3・
黄緑色、硫化水素臭、硫黄の華浮遊、良く暖まる.味苦い.
胃腸病・冷え性・糖尿病・皮膚病・婦人病
備考 照会:山ノ内町役場観光商工課:0269-33-1107
遊ぶ:熊ノ湯スキー場
食 :
地酒:縁喜
営業 入浴のみ不可
宿泊収容:600人 客室100
特記 宿はほかに旅館ホテル4軒

感想・ 評価
湯  :
立地 :
仕掛け:


・温泉の地図は左のロゴをクリックする
MapFanWeb インターネット地図検索サービス利用

・制作:98/00/08
 更新:99/08/10

信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ