湯田中渋温泉郷:
志賀高原から流れる横湯川・角間川とそれらが合流して流れる夜間瀬川、その流域にある九つの温泉の総称.湯治・保養・家族向きと好みに応じて選べる個性的な宿が並ぶ。春秋のハイキング・夏の避暑・冬のスキーと行楽客で賑わう。

|夜間瀬川沿い|:|湯田中温泉新湯田中温泉星川温泉穂波温泉
|横湯川沿い |:|安代温泉 |渋温泉 ・地獄谷温泉
|角間川沿い |:|角間温泉 |沓野温泉上林温泉 |

 長野電終点の線湯田中駅を降りると駅前に広がる温泉が「新湯田中」左側が「星川」。線路を渡って反対側が「湯田中」。星川の夜間瀬川対岸が「穂波」。支流の一つ横湯川沿いに「安代」「渋」と続く.地獄谷温泉は渋の奥。川添いの道R292号に沿って志賀高原への道沿いに「沓野」「上林」の各温泉が並ぶ。上林温泉は志賀高原の入り口、温泉郷の最奥である。

角間温泉
文明年間に蓮如上人により発見されたいで湯。角間川に沿って三方を山に囲まれた高台にあるため湯田中温泉が一望出来る。遠く北アルプスの山並みが眺望できる。素朴で味わいのある温泉街。古くから脚気の湯として知られている。
旅館 ようだや・電話:0269-33-3165
など6軒ある。宿のリストは山ノ内町公式ページ湯田中渋温泉郷宿泊施設ガイドにある。
場所 〒381-0402 長野県下高井郡山ノ内町角間2348
道路 上信越道信州中野ICからR403・R292経由で車で14km20分
鉄道 長野電鉄線湯田中駅下車角間行きバス15分
泉質
効能
塩化物泉:43〜90度・PH・
胃腸病・火傷・皮膚病・神経痛 など
備考 照会:山ノ内町役場観光商工課:0269-33-1107
宿 :旅館6軒・共同風呂3
食 :春四月下旬の名物つみ草料理
地酒:縁喜
特記 共同風呂:角間大湯・

信泉会の記録:93spring(93/5/15)

温泉保養センターとらや:国道292号志賀草津道路沿い
 夜間瀬川角間橋を渡った山際にある民営の日帰り専用施設。
日帰り||時間・定休日||9:00am-5:00pm・無休|
     |入浴+休憩料||大人 \300(+500) 小人 \200(+300) 但し冬期(+200 +100)|
     |主な施設  ||男女別:大浴場・露天風呂・大広間(兼食堂)・売店・釣り堀|
|宿泊 ||宿泊施設  ||無し|
|住所・電話番号    ||〒381-0400 長野県下高井郡山ノ内町角間・電話:0269-33-3722|


・温泉の地図は左のロゴをクリックする
MapFanWeb インターネット地図検索サービス利用

・更新:98/02/14・00/12/06・01/03/16
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ