信濃の新民謡:望月小唄:甘利英男作詞・中山晋平作詞/小沢直与志編曲


歌詞 解説
私や信州ヤレ 望月の生まれ
山家の育ちでも 実がある
 ヤンレ スッチョコ ションガイナ
 ヤレコレ スッチョコ ションガイナ
長野県北佐久郡望月町は、古代は、官の牧「望月牧」であった。江戸時代中山道望月宿として栄えた所。今 当時の旅籠真山家住宅(重文)などでも往事の姿を残している。市内を流れる鹿曲(かくま)川上流にある春日温泉は湯質が良い事で知られる歴史のある湯。 春日渓谷は、秋の紅葉が美しいところ。
南蓼科ヤレ 北では浅間
間の望月 駒の里
お主聞かんせヤレ あの瀬の音は
千曲 鹿曲の 夫婦川
姫に恋したヤレ 月毛の駒の
思ううらみや 四つの鐘
鹿曲狭にヤレ 咲き出た花は
意気と情けの 色もよう
俺が望月ヤレ 殿居の城の
駒に乗せたい 逢わせたい

・参考:信濃の民謡:Victor VZCG-87
・制作:99/04/10

もどる