信濃の民謡:信濃追分

信濃追分は各地に伝わる追分節の元祖である。追分の地名は街道の分岐点で各地にある。信濃の追分は、中山道と北国街道の分岐点で浅間山麓の宿場である,信濃追分の宿で飯盛(めしもり)女が酒席の座興に歌い出した三味線伴奏の騒ぎ歌が「追分節」であり,「小室(こむろ)節(小諸節)」というこの付近の馬子歌の節を母胎としたもので、現行の「信濃追分」の原調である。これが越後に伝わって「越後追分」となり,さらに日本海沿岸を北上して,その間に「酒田追分」(山形県),「本荘(ほんじよう)追分」(秋田県)など各種の節回しの追分節を生み,ついに天保(1830‐44)のころに北海道に定着して「松前追分」「江差追分」となったという。今では追分節というと狭義では「江差追分」のことを言うのだそうだ。
歌詞 解説
ア キタホイ
一に追分 ア キタホイ
二に軽井沢ヨー ホイ
三に ア キタホイ
坂本 ア キタホイ ままならぬ
江戸時代、の五街道の一つ中山道を江戸から来ると、最初の難関は、坂本宿から軽井沢宿の間にある碓氷峠越えであった。 峠を越えると信濃の国。追分宿はその三番目の宿場。京都への道中山道と善光寺を経て越後に至る北国街道の分岐点として大いに栄えた。
二番三番の歌詞には、じゃれ唄に、宿の女ろしゅの弾く三味線に合わせて歌い踊る賑やかな喧噪の様が伝わってくる。
ア キタホイ
キクサのサンの字 ア キタホイ
イネコのイの字は ホイ
おやじのしるしだ ア キタホイ オーサドンドン ア キタホイ
ア キタホイ
浅間根腰の ア キタホイ
焼野の中でヨー ホイ
あやめ咲くとは ア キタホイ
しおらしや ア キタホイ
オーサドンドン ア キタホイ
ア キタホイ
追分の枡形の ア キタホイ
茶屋でヨー ホイ
ほろりと泣いたが ア キタホイ
忘らりよか ア キタホイ
オーサドンドン ア キタホイ
ここで登場する茶屋は、枡形茶屋「つるがや」のこと、旧中山道追分宿の通りが、国道18号に交わる交差点の右手に、今も昔の面影を留めて残っている。表の二階壁面に、枡の形と「つるがや」の屋号を漆喰塗りで浮き出させ、右手は出桁で二階を前に突き出している。


・参考:塚田昌明著「長野県の歴史」山川出版社刊
・制作:99/01/27

もどる