logo

沿革

西暦 和暦 内容
1977 S.52 ・東京都渋谷区恵比寿(現在の本社)にて株式会社ソフトウェア総合プロジェクトを設立
1985 S.60 ・通信の高度利用を社の方針としてスタート
1987 S.62 ・開発拠点として札幌支社をテクノパークに開設
・初めての自社商品として「会計ネットワーク・システム」に着手
1988 S.63 ・消費税導入で「会計ネットワーク・システム」商品化を断念。
・ネットワーク部を生かしたリモートアクセスソフトのパッケージ化に着手
・リモートアクセスソフトのパッケージ化に向けて「DynaLink」開発に着手
1990 H.2 ・基盤技術研究促進センターの試験研究案件として「ISDNを前提としたソフトウェア流通システムの試験研究」を採択、研究開発をスタート
・社名を「ソフトウェア総合プロジェクト」から「株式会社ダイナックス」に変更
・リモート・アクセス・ソフト「DynaLink」を発売開始
1991 H.3 ・テレコム財団(現在マルチメディア振興センター)よりISDN新利用技術製品開発普及助成事業案件を採択
・リモート・アクセス・ソフト「DynaLink/ISDN」仮想ドライブ対応の「DynaMate/ISDN」を発売
・12月中国北京に合弁会社「北京首達電子有限公司」を設立
1993 H.5 ・IPA特プロ開発案件「ペンコンピュータ向けカルテ・データベース・ソフトウェア」を採択。はじめてのオブジェクト指向OSのPenPointのもとに商品開発をスタート
・日本語FAX自動認識ソフトウェア「スー先生」を超低価格で発売。これにより、それまで30万円台だった認識ソフトが一般に手軽に利用されるまでとなる
1994 H.6 ・「ペンコンピュータ向けカルテ・データベース・ソフトウェア」を商品化までにこぎ付けたもののOSメーカーであるGO社がAT&Tに買収されOSの発売が中止、それに伴って販売を断念
・初めての自社開発ハードウェア「インテリジェント・リモート電源コントローラ(IRC)」を発売。同時に特許出願
1997 H.9 ・インターネット事業を発足
・ネットワークFAX「pcLANfax」を開発/発売
2000 H.12 ・「なかま」プラットフォーム計画がスタート
2001 H.13 ・ ECサイト「ココシカ」/Webアルバム「ココシカWebアルバム」を自社開発し自社運営開始
・ホスティング/ハウジング・サービスを開始
・東京都創造的技術開発助成案件として「WorldName」を採択
2002 H.14 ・創造的技術開発助成案件の「WorldName」を発売開始
・亀や旅館Web館内システム(予約・フロント・厨房・・)運用開始
2003 H.15 ・更新が簡単なホームページ・サービス(ASP)「世代交代」を発表
・「WorldName」をベースに団体向けWeb会員管理サービス(ASP)「なかま」を発表
・基幹技能者データベースの開発及び運営を受託
2004 H.16 ・ASPサービスの「世代交代」を機能改善しサービス内容を充実
・ビル管理業向け基幹システム開発に着手
2005 H.17 ・ASPサービスの「世代交代」に「なかま」連携フォームを追加、個人情報保護法に対応
・ビル管理業向け基幹システムを運用開始
・プライバシーマーク取得に向けたセキュリティ対応のサーバー室を新設
・ゼンリン地図上に物件情報をレイヤ表示した建物管理を受託開発
2006 H.18 ・フル画面動画(2Mハイビジョン動画)配信サービス開始
・個人情報保護方針を改定。プライバシーマーク取得に向けた準備開始
・ゼンリン地図上に物件情報をレイヤ表示した建物管理を運用開始
・全国組織の団体に「世代交代」と「なかま」を活用した会員管理運用スタート
2007 H.19 ・ダイナックスの製販分離を目的に「株式会社ダイナックス・サービス」を設立
・プライバシーマーク取得
・EDIシステム開発、運用開始
・会員管理「なかま」の東京法人会連合会との総括契約で法人会に向けた導入を開始
2008 H.20 ・保養所予約システム開発、運用開始
・コールセンター業務システム開発、運用を開始
2009 H.21 ・「法人会なかまネット」を順次導入開始
・公益法人向け機能開発、運用開始
・Web予約「itu」開発、運用開始
2010 H.22 ・社長交代、佐藤正人が代表取締役会長、佐藤 潤が代表取締役社長にそれぞれが就任
・保養所予約システムが「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得
・エレベーター保守会社向けのASP/SaaS型基幹システムを開発
2011 H.23 ・「なかま」をベースに「中小企業経営革新計画」で「プレミア会員サービス」が承認/開発着手
2012 H.24 ・「プレミア会員サービス」を「アクティブ会員サービ」として運用開始
・「なかま2」開発を着手
・「なかま2」を一部カスタマイズして全国組織(400以上の単位会)に専用システムとして提供決定
・ビルメンシステム簡易版開発着手
2013 H.25 ・ビルメンテナンス業界向けのシンプルな基幹システム「Simple BM」をリリース
2014 H.26 ・「なかまクラウド組織連携」を連合会向けに専用システムとして運用開始
・ミャンマーへのオフショア開発スタート、「なかま2」一部機能を発注
2015 H.27 ・「なかまクラウドオフィス」を発表
・電子部品販売・基板制作会社の完全Web化した基幹システムを開発
2016 H.28 ・ビルメンテナンス会社向けの就労管理システム(SaaS)を開発