信州木曽の民謡:木曽の祝い唄:高い山

この唄は、祝い唄として、結婚式の披露宴そのた祝いの席に欠くことの出来ない唄とされている。木曽福島地方の結婚式の披露宴では、鶴亀の後この唄が合唱されるのが通例である。水無神社のお祭りで、神輿を町中練り歩くときにも唄われる。地域によって多少節回しが異なる。福島町部では下記。黒川地区では”ノーイソレ”は無く”ハリワヨイヨイヨイ”を”アレハヨイヨイヨイ”と囃す。
〆高い山から谷底見ればノーイソレ     瓜や茄子(なすび)の花盛りの ハリワヨイヨイヨイ
〆今日は日も好石場が据わるノーイソレ   石場掘れば酒が出るの ハリワヨイヨイヨイ
〆このおせどにみょうがと富貴とノーイソレ みょうが目出度や富貴繁盛と ハリワヨイヨイヨイ
〆この家はおねでたいお家         御門に巣をかけた鶴が
〆鶴が御門に何と云うてかけた       お家繁盛と云ってかけた
〆お前百まで私しゃ九十九まで       共に白髪の生えるまで
〆さいた盃中見てあがれ          中は鶴亀五葉松
〆婆さどこゆく三升樽さげて        嫁の在所に孫抱きに

・参考:木曽節に関する資料を「木曽福島役場」から送って頂いて、参考にさせて頂いた。ご厚意に感謝します。
・制作:99/02/13

もどる