信濃の民謡:エーヨー節


歌詞 解説
ハー諏訪の湖水を 鏡にたてて ア ヨイソレ
諏訪化粧けしょうするのが エーヨー富士の山 ア ヨイソレ
諏訪湖は、諏訪盆地の中央に位置する湖水。天竜川の源。深さ7b・周囲17`。湖中を含め多数の温泉が湧出するこの地は、中央構造線の走るところ。 湖は冬季氷結し、盛り上がって大音響と共に亀裂が生ずる神渡りと呼ばれる現象が生ずる寒いところ。この気候を利用して茅野では冬季天然製造による寒天造りが行われている。晴れた日には、湖越しに富士山が眺望できる。上諏訪下諏訪に鎮座する諏訪大社は、信濃の国一の宮として古くから信仰を集めているところ。七年に一度行われる御柱祭は、豪快と優美さをもつ大祭である。
ハー諏訪の平に ヨシなら二本 ア ヨイソレ
思い切るヨシ エーヨー切らぬヨシ ア ヨイソレ
ハー他村若い衆 よく来てくれた ア ヨイソレ
踊りや終えても エーヨー帰しゃせぬ ア ヨイソレ
ハーお名は指さねど この輪の中に ア ヨイソレ
命かけたい エーヨー人がいる ア ヨイソレ
ハー盆もおえたし 原山様も ア ヨイソレ
まちるお十五夜 エーヨー程遠い ア ヨイソレ

・参考:信濃の民謡:Victor VZCG-87
・制作:99/04/02

もどる