かたくり群生と開花時期

かたくり 万葉集に
物部の八十少女らが汲みまがふ寺井の上の堅香子の花
                    大伴家持
と詠われたかたくり(堅香子)は、
北海道や本州の北中部の山野に自生するユリ科の多年草植物。 花期は早春4月〜5月。淡く鮮やかな紫色の花は、根元から15aほど 伸びて、その先に淡い紫色、六花弁で、下向きに咲く。鱗茎は地下深 く入ることで有名で,地表近くで発芽した後,根の牽引作用によって しだいに地下へもぐる。根本の地上近くに一対の葉を付ける。楕円形 で、艶があり、濃紫色の斑紋がある。花と斑紋のコントラストが見事 な可憐な花である。開花は晴れた日の午前十時頃からという。

  開花時期              +3---+----+----+4---+----+----+5---+----+----+
  
・白馬村:貞鱗寺 :                             +----+----+--
・茅野市:西山ちの:                             +----+----+--
・津金寺自然探勝園:                     ---+----+----+--
・佐久高原国定公園:
・岡谷市・出早公園:                              -----+----+
・飯山市:信濃平 :                               ----+----+--

              +3---+----+----+4---+----+----+5---+----+----+

・制作:99/04/14・更新:99/07/11

Copyright © 1999 Shunji Mori All rights reserved.
もどる