秘境秋山郷の秘湯和山温泉仁成館を訪ねる・撮影:01.10.27&28 ・02/03/01&02


越後(新潟県)県境にある、秘境信州秋山郷の和倉温泉仁成館は、秘湯と呼ぶに相応しい温泉宿である。標高830m、中津川の川岸にあるこの宿の露天風呂からは、温泉に浸かりながら、目線で正面の鳥甲山(2038m)の偉容や周辺の四季に移ろう木々の景色が眺められる感激が味わえる。

混浴の露天風呂の岩組の湯船は、二槽に分かれていて、片方は、48.5度の源泉が注ぎ込み、岩で仕切られたもう片方は、仕切を越えて流れ込んだ湯だから温め、溢れた湯は惜しげもなく大地に吸い込まれる垂れ流しの湯なのだ。

訪れた01/10/27の和山温泉仁成館 》には、紅葉が見頃を迎えていて、正に絶景があった。夜中に起きて見た星空も美しかった。晴れていれば、人生観がかわるという朝日の昇る景色が見られる筈であったが、残念ながら曇っていて見られなかった。冬の雪景色や春の若葉の景色も見たい。何度でも足を運んでみたい宿だ。

温かい温もりを持って応対して頂ける女将の人柄も素晴らしい。夕餉の膳には、プナハリタケなど山の幸が盛られ、茸なべが美味しかった。酒は「秋山郷」(信州中野市志賀泉酒造製)生酒が(やや甘口)旨かった。

夕餉の後は、恒例の「信濃の国」斉唱。隣の富山県砺波市からこられた団体さんののりの利いた歌が歌われたあと、ご主人の「関谷さん夫妻」の地元秋山郷の民謡「秋山のよさ節」が披露された。

江戸時代に秋田のマタギによって発見されたというこの温泉。一帯では今でも冬になると、マタギの流れをくむ村の漁師が熊刈りをすることでも有名なのだそうだ。





夕餉の膳


地酒秋山郷




御主人夫妻




露天風呂




仁成館の紅葉


鳥甲山と中津川

●仁成館の夕餉の膳は、茸(ブナハリダケ・ナメコなど)料理・岩魚など山の食材を使ったヘルシーな料理が並んだ●地酒は、中野市志賀泉酒造(株)仕込みの特注品「秋山郷」:甘口●食後・信濃の国斉唱(信泉会団体)・富山県砺波市の団体さんの歌のあと・ご主人の、地元民謡のご披露があった●展望の素晴らしい露天風呂は、混浴・岩組の湯船は、二層式・源泉の湯が注ぎ込み・、垂れ流し●仁成館の周りは見事な紅葉●湯船から・客室の窓から鳥甲山(2028m)・中津川を望む絶景がある。
●旅館:和山温泉仁成館
●住所:〒949-8321 長野県下水内郡栄村和山
●電話:0257-67-2205
●泉質:ナトリウム.カルシウム塩化物.硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉):48.5度
●効能:筋肉痛・関節痛・打ち身・慢性消化器病・外傷・火傷・婦人病・神経痛・痔疾など
●設備:男女別内湯各1・混浴の露天風呂1
●営業:通年営業・一泊二食付き\11,700・収容:20人 客室10
●外来入浴:可・\700・6:00am〜9:00pm
●交通:車:関越道塩沢石内IC→R353→R117→津南交差点左折→R405。ICから54km
・上信越道豊田飯山IC→R117→津南交差点右折→R405
・鉄道:JR飯山線森宮野原駅(8:10*,11:10,14:00*,17;20*)から津南行きバス15分終点で和山温泉(切明)行きに乗り換え(*印)
 1時間20分和山温泉下車。
●所属:信州秘湯会
●参考:読売新聞社温泉記者・秋保洋征が足の向くまま選んだ31の湯 「仁成館」
●観光問合せ:長野県下水内郡栄村観光課:電話:0269-67-3111


・和山温泉の地図は左のロゴをクリックする
MapFanWeb インターネット地図検索サービス利用

・制作:01/10/30
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
ホームへ もどる