野倉・夫婦道祖神

野倉・夫婦道祖神
上田小県地方に残されている道祖神はいろいろあるが、この道祖神のように 自然石の前面を円形にほり、その中に男神女神の姿を刻んだものは珍しい 男神に衣冠束帯、女神には十二単衣の服装で、互いに肩にてをかけあい 女神が男神の手を握りしめ、目を細くして二神とも笑みをたたえているところがほほえましい。 夫婦和合の秘訣はこのあたりにあるらしい。 家庭円満・子宝の神として信仰され、また縁結びの神として信仰厚く 遠方から訪れる人も多い。 毎年二月上旬の佐医術には?に餅俵をつけて参拝する行事が昔ながらに行われている 建立年代・由緒など負傷(案内板の説明から引用)

上田市野倉(386-1437)は、女神岳南麓標高約700メートルの高地にあり、山村の面影をとどめている静かな集落です
照会:上田市観光課(0268−23−5408)
交通:上信越道・上田菅平ICから別所温泉方面へ車で約40分。 JR・しなの鉄道上田駅で上田交通別所線乗り換え、別所温泉駅(終点)下車、別所温泉から徒歩約20分。


・野倉の地図は左のロゴをクリックする
MapFanWeb インターネット地図検索サービス利用

・制作:00/06/04

Copyright © 1996- Shunji Mori All rights reserved.
もどる