新戸倉温泉「万葉超音波温泉」

万葉温泉風景
 千曲川河畔万葉橋たもと新戸倉温泉の入り口にある。露天風呂はないが、浴槽は温度別の三漕。源泉の流れ落ちる湯船は、42.2度の高温。中がジェットバス。手前が寝湯ように浅い造り。温泉仲間で評判の名湯である。
 ●名称:万葉超音波温泉」
 ●場所:長野県埴科郡戸倉町新戸倉温泉1125
 ●電話:026-275-2228
 ●営業:
 ・時間 4:00-23:00(受付は22:30)・定休日:第2・4月曜日(祝日は翌日)
 ・料金 大人\300・小学生\120・小人\70<
万葉温泉の湯船は三槽
●泉質:単純硫黄泉
    低張性弱アルカリ性高温泉
●源泉:42,2度・ph 8.81・蒸発残留物:541mg/1kg
●効能:皮膚病・冷え性など
●設備:男女別大浴場・サウナ・ジャグジー
   ・ドリンクコーナー・マッサージ室
■照会:戸倉町役場総務課:026-275-0004

■訪問記(01/06/01):戸倉町のつけば小屋を訪ね、ウグイの料理を堪能した後、徒歩で万葉橋をわたり寄ってみた。 銭湯の番台があって懐かしかった。循環していない湯であることを強調した張り紙に温泉らしい温泉で評判がいいのに納得した。 源泉の高温漕に温泉を飲む升があったがとてもあつくて入れない。


・温泉の地図は左のロゴをクリックする
MapFanWeb インターネット地図検索サービス利用

・制作:01/06/20

Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ