温泉の泉質と効能


■鉄泉:含銅−鉄泉・含銅鉄硫酸塩泉(含銅緑ばん泉)
 ・含鉄泉T・含鉄炭酸水素塩泉(鉄泉)
 ・含鉄泉U・含鉄硫酸塩泉(緑ばん泉)

・特徴  :湧出口では半透明緑色、空気に触れ酸化すると不透明な黄色になる.
     ・従来ヒドロ炭酸イオンの多いものを「炭酸鉄泉」、
      硫酸イオンの多いものを「緑ばん泉」と呼んでいた。
      地下から湧出する源泉は無色透明。大気に触れると徐々に酸化して湯船に褐色の沈殿物が生じ、赤茶色に変色する
・浴用効果:鉄分を多く含んでいるため造血作用が促進される.
      貧血・高血圧・動脈硬化・腎臓病・胃腸・切り傷・やけど月経障害・子宝の湯
・飲用効果:絶対禁止。但し貧血の人が飲用すれば、胃酸の分泌を高め鉄分を体内に取り込む効果はあるが多飲は禁物 

・主な温泉名
北信
地名

温泉名
栄村
小赤沢温泉
長野市

加賀井温泉
長野市

松代温泉
更埴市

八幡温泉
東信
地名

温泉名
小諸市

菱野温泉薬師館
佐久町

曽原の湯温泉
佐久町

峠の湯
臼田町

不老温泉
川上村

湯沼鉱泉
中信(木曽郡含む)
地名

温泉名
南信
地名

温泉名
奥蓼科

明治温泉
奥蓼科

渋川温泉
奥蓼科

横谷温泉
茅野市

赤岳鉱泉
伊那市

宮の原鉱泉
飯田市

ひさかた温泉

※注記:型は、温泉のタイプを示す。秘:秘湯・日:日帰り専用施設・一:一軒宿・国:国民宿舎・公:公共の宿・郷:温泉郷
・出典:大町市温泉博物館パンフレットから
   :吉井正徳著「温泉の上手な利用法」TEL:0267-23-4123
   :渡邊和彦著「役に立つ信州の温泉利用法」(株)郷土出版社 TEL;0263-8618601
・制作:98/11/07
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ