温泉の泉質と効能:塩化物泉(食塩泉)


■塩化物泉(食塩泉)(ナトリウム−塩化物泉)
・特徴  :海水の成分に似た食塩を含み、塩辛いが無色透明の湯.日本で一番多い温泉.塩の付く湯は殆どこの泉質.
     ・石鹸は効かない・塩分が皮膚について汗の蒸発を防ぐのでいつまでも暖かく、保温効果が高いことから、熱の湯・温まる
      湯と呼ばれ、肌に熱く感じ、湯冷めしないのが特徴.
     ・強食塩泉と弱食塩泉がある.前者は水成岩質、後者は火成岩の多い地層から湧出する。二千万年以上前の海水が閉じこめ
      られた化石水が地下の深いところから他の鉱石の成分を溶かしながら地上に出てくるので、食塩以外に重曹・石膏・芒硝
      など混合泉が多い.この泉質は殆どが高温で、海岸に近い温泉は、殆どが強食塩泉であるが、山国の信州でも、鹿塩温泉
      ・小赤沢温泉などは強食塩泉である
・浴用効果:血液の循環を促進させ殺菌力が強くて痛みをやわらげる鎮静効果がある.
      切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
・飲用効果:胃液の分泌を促すので、胃酸欠乏症・慢性消化器病・慢性便秘・慢性胃カタルなどに効果がある
・禁忌症 :飲用禁忌:循環器疾患(Naが体内に水分の貯留をきたすため)
・注意事項:アレルギー体質で皮膚の弱い人・虚弱体質で皮膚の抵抗力の衰えている人は、湯ただれを起こすことがあるので、高温浴
      や長時間湯船に浸かることを避ける。また強食塩泉の場合湯あたりの恐れがある。
      また強食塩泉の飲用は害になるので避けるか、薄めて飲む

・主な温泉名
北信
地名

温泉名
栄村

秋山郷温泉郷
野沢温泉

野沢温泉郷
山ノ内町

渋・
湯田中温泉郷
高山村

信州高山温泉郷
小布施町

おぶせ温泉
中野市

長嶺温泉
中野市

間山温泉
松代

松代温泉
松代

加賀井温泉
牟礼村

むれ天狗の湯
東信
地名

温泉名
佐久市

美笹温泉
佐久市

佐久一萬里温泉
軽井沢町

塩沢温泉
軽井沢町

ゆうすげ温泉
軽井沢町

星野温泉
小諸市

湯の瀬温泉
小諸市

布引温泉こもろ
北御牧村

布引温泉御牧乃湯
北御牧村

布引観音温泉
北御牧村

八重原温泉
浅科村

あさしな温泉
望月町

望月温泉
南牧村

海ノ口温泉
中信(木曽郡含む)
地名

温泉名
白馬村

白馬温泉
白馬村

白馬塩の道温泉
木曽福島

代山温泉
南信
地名

温泉名
諏訪市

上諏訪温泉
下諏訪町

下諏訪温泉
茅野市

白樺湖温泉
茅野市

石遊の湯
原村

八ヶ岳温泉
富士見町

武智温泉
大鹿村

鹿塩温泉

※注記:型は、温泉のタイプを示す。秘:秘湯・日:日帰り専用施設・一:一軒宿・国:国民宿舎・公:公共の宿・郷:温泉郷
・出典:大町市温泉博物館パンフレットから
   :吉井正徳著「温泉の上手な利用法」TEL:0267-23-4123
   :渡邊和彦著「役に立つ信州の温泉利用法」(株)郷土出版社 TEL;0263-8618601
・制作:98/11/07
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ