温泉の泉質と効能:酸性泉



■酸性泉 (酸性緑礬泉・酸性明礬泉・酸性硫化水素泉)単純酸性泉
・特徴  :ほとんどが無色透明か微黄褐色で酸味と臭気が強い.しばしば硫化水素・明礬・緑ばんを含み
      体に強く作用するので肌の弱い人は湯ただれを起こすことがるので浴後はシャワーなどで洗い流し十分に拭くことが必要.

・浴用効果:殺菌力の強い成分を持っているので、慢性皮膚病には特効性がる.
・飲用効果:飲用は絶対にさける.誤って飲用すると胃をただれさせたりする. 

・主な温泉名
南信
地名

温泉名
下諏訪

毒沢温泉
茅野市

蓼科温泉
奥蓼科

渋の湯温泉

※注記:型は、温泉のタイプを示す。秘:秘湯・日:日帰り専用施設・一:一軒宿・国:国民宿舎・公:公共の宿・郷:温泉郷
・出典:大町市温泉博物館パンフレットから
   :吉井正徳著「温泉の上手な利用法」TEL:0267-23-4123
   :渡邊和彦著「役に立つ信州の温泉利用法」(株)郷土出版社 TEL;0263-8618601
・制作:98/11/07
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ