温泉の泉質と効能一覧表


温泉は、温泉法で、温泉に含まれる主成分により9種類の泉質に分類されている。複数の成分を含むときは含食塩硫化水素泉というように呼ばれる。 泉質別効能表を下記に示す。

泉質

効能(○:浴用・◎:浴用と飲用) 備考

神経痛 筋肉痛 関節痛 痔瘻 病後快復 切り傷 火傷 慢性皮膚炎 虚弱児童 慢性婦人病 月経障害 貧血 慢性消化器病 慢性便秘 慢性胆嚢庄 胆石症 肝臓病 動脈硬化症 高血圧症 肥満 糖尿病 便秘
単純温泉























炭酸(二酸化炭素)泉























炭酸水
素塩泉
重炭酸土類泉























重曹泉























塩化物泉(食塩泉)























硫酸塩泉























鉄泉























硫黄泉























酸性泉























放射能泉

























・資料:植田理彦「とっぷり自然浴」・弘済出版社「旅の手帳」1998・12月号より
・制作:98/11/05
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ