奥裾花温泉・鬼無里荘
村の80%が森林という山の里に湧く鉱泉・国民宿舎。長野市から白馬村に抜ける国道406号線沿いにある。奥裾花(おくすそはな)・白馬へ共に18km。鬼無里は「鬼女紅葉伝説」の舞台・秘境春は日本一の水芭蕉の群生地「奥裾花自然園」・秋の紅葉狩りなど自然探索の基地として最高。日帰り湯利用可・露天風呂はない.一軒宿
旅館 国民宿舎鬼無里荘:電話:026-256-2140
場所
〒381-4302 長野県上水内郡鬼無里村田之頭
道路
長野道長野IC又は須坂長野東ICから国道406号・長野善光寺から20km40分
鉄道
JR信越本線長野駅下車川中島バス鬼無里行き1時間+村営バス南鬼無里行き20分
泉質
効能
単純硫黄冷鉱泉:11度(沸かし湯44度)・PH8.14・乳白透明色
慢性皮膚病・慢性消化器病・慢性婦人病・創傷・糖尿病に特効
備考
照会:鬼無里村観光協会:026-256-2211
観光:奥裾花自然園の水芭蕉・ブナ原生林
   奥裾花渓谷の紅葉
   加茂・春日神社、松巌寺、文殊堂
   重文白髭神社
   歴史民俗資料館、山国文化伝承館
   ふるさと体験館
食 :山菜・川魚料理
地酒:紅葉狩
特記
信州秘湯会所属
奥裾花自然園:水害で通行不可となった奥裾花自然園への道も復旧し平成10年(1998)5月1日の開園から車乗り入れ可。バスも運行される。

感想・評価:
勝手に温泉を評価してみると
湯 :湯船は大理石造り・露天風呂無し・沸かし湯などで評価2
立地:春の水芭蕉・原生林の若葉・紅葉探索基地としての立地条件を評価4
設備:評価2
安いのがいい


日帰り||時間・定休日||9:00am-4:00pm・無休|
     |入浴+休憩料||大人 \250(+300) 小人 \100(+100)|
     |主な施設  ||男女別大浴場・大広間・売店・食堂|
|宿泊 ||宿泊料   ||\5,450〜(二食付)|

・温泉の地図は左のロゴをクリックする
MapFanWeb インターネット地図検索サービス利用

・制作:97/05/01・更新:97/11/01・98/02/17・00/10/05
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ