塩壷温泉
800年前源頼朝発見と伝えられる湯がある。中軽井沢の一軒宿.野鳥の日本三大生息地の一つである軽井沢の様々な野鳥の訪れるところ(他は富士山麓・奥日光).平成五年にリフレッシュ.尾崎行雄が「長命湯」と名付けた大浴場の脇に屋根付きの露天風呂も新設された.
旅館 塩壷温泉ホテル:電話:0267-45-5441
場所 〒389-0112 北佐久郡軽井沢町中軽井沢塩壷
道路 上信越道碓氷軽井沢ICよりR18中軽井沢へ交差点右折(R146)・車15分
鉄道 北陸新幹線軽井沢駅よりタクシー10分・鬼押し出し行きバス5分西区入り口下車
泉質
効能
弱アルカリ炭酸泉:48度・PH・
浴用:神経痛・糖尿病・関節痛・筋肉痛・リューマチ・婦人病・痛風
飲用:胃腸病
循環させない天然の湯だ。
備考 照会:軽井沢町観光商工課:0267-45-8111
名跡:白糸の滝・野鳥の森
鑑賞:セゾン現代美術館・田崎美術館
営業 入浴のみ利用可:11:00〜21:00・入浴料:大人1000円 子供500円

・ビジターの所感:よく行くところで中軽井沢の塩壷温泉があります。軽井沢のホテル なのですが静かでとっても素敵です。このあたりから見る浅間山が とっても好きです。横川はもう信州ではありませんよね。丁度峠にあたる所に 霧積温泉(金湯館)というのがあります。ここは37度というヌル湯で私に ピッタリです。気泡が多く含まれてとても快適です。最近になって道路と電気 がつきました。(寄せられたメールから)
・制作:98/01/03・更新:98/02/14・00/12/30
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ