白骨
温泉
鎌倉時代から知られていたという歴史を持つ温泉。 山の緑に囲まれた白濁した露天風呂がよい。 秋は紅葉かき分け入る湯。 「三日入ると三年は風邪知らず」という神秘的で霊 泉的効能を持つ湯。 「白船」の古名が示すように白濁したよく暖まる湯 自然が深い湯
旅館 旅館:斉藤旅館泡ノ湯・えびすや・ほか10軒

旅館
えびすや:電話:0263-93-2031
場所 〒390-1515 長野県安曇郡安曇村白骨温泉
  えびすやは白骨のほぼ中央。景色がよい
風呂内湯檜風呂男女各1・露天風呂(終日混浴)
泉質
効能
単純硫化水素泉:38〜52度・PH6.4
リュウマチ性疾患・創傷・湿疹・消化器系疾患他
道路 長野自動車道松本IC→R158→白骨温泉案内標識右折→県道5km:松本ICから40km
鉄道JR篠ノ井線松本乗り換え松本電鉄新島々下車し、白骨温泉行きバスで70分終点下車徒歩
紹介
照会:白骨温泉案内所:電話:0263-93-3251
  ・安曇村観光協会:電話:0263-94-2221
観光:竜神の滝、隧通し(ついとおし)・冠水渓(かんすいけい)、中里介山の文学碑、薬師堂、桂の木見晴峠越えハイキング、白骨三十三石仏群、乗鞍高原温泉
食 :
地酒:
露天風呂
えびすや旅館の露天風呂
信泉会の記録:90spring90/5/19-20

・更新:98/03/15・01/01/07
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ