坂巻
温泉
上高地から松本への国道158号線沿い右手の梓川渓谷の中にある。 川べりの露天風呂から眺める四季の移ろう自然の景観がすばらしい。まさに深山渓谷の秘湯である。 昔「子宝の湯」として知られ、肌に柔らかい湯でよく温まる。透明な湯。
旅館
坂巻温泉旅館:電話:0263-95-2453
場所〒390-1516 長野県南安曇郡安曇村上高地
道路長野自動車道松本IC→R158。ICから40km
鉄道JR中央線松本で松本電鉄に乗り換え新島々駅下車上高地行きバス50分坂巻温泉下車。
風呂内湯男女別各1・露天風呂男女別各1
泉質
効能
含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性高温泉):72.7度・PH:6.9・無色透明
乳化現象により。皮膚からの水分の発散がさかんになり、湯冷めしやすい浴後の水分の補給が必要。
利尿・胆石・肝臓・胃腸・糖尿・痛風・便秘・皮膚病
備考
照会:安曇村観光商工課:0253-94-2301
食:岩魚や鱒の川魚・山菜主体の料理。野沢菜漬けや味噌は自家製。土産として販売もしている
地酒:あづさ・銀嶺
宿泊収容:55人・客室17 料金(二食付) 12-14k\
特記
外来入浴可(内湯:11-16/露天:9-16)\500(小人\300)
冬も除雪される様になったので雪の露天風呂が楽しめる。
日本秘湯を守る会所属
坂巻旅館全景 坂巻温泉露天風呂
感想・評価
露天風呂は、男女別に用意されていて、熱い。水で温度を下げて入る。梓川の渓谷の岸壁の木々の若葉緑・紅葉・雪景色など四季の移ろいを鑑賞しながら入る。
湯:露天風呂の温度が高いのが良い評価5
立地:渓谷の温泉なので、露天風呂からの展望に欠けるが、四季折々に変わる自然を感じ取れる評価は4
仕掛け:露天風呂は、岩をあしらい、自然の中の湯の感じを演出しているが、狭い。評価は3
信泉会の記録:90s:90/05/20

8月上旬の夏休みを利用して久しぶりに上高地を訪れた。宿泊の宿の坂巻温泉には、信泉会で何度か露天風呂を利用させて頂いていたがが初めて宿泊した.上高地が自家用車乗り入れ禁止になって、ここは、旅館の駐車場に車を止めて上高地を散策するのに絶好の基地となっている。温泉の前にバス停があり上高地行きのバスは、20分間隔で運転しているという.便利な基地となっている.上高地の大正池まで一方通行の釜トンネルの待ち時間を入れても30分かからないでいける距離にある.
船橋を朝5時に発って、坂巻温泉へ11時半着.午後の半日ゆっくり上高地を楽しむことができた.宿の食事は、岩魚の塩焼き、鯉こく、山菜の天ぷらなど山の幸を、諏訪の地酒真澄で美味しく頂いた.初めて入る内湯は、小さな湯船に源泉の湯が溢れ、柔らかい湯に沢山歩いた疲れを癒すことが出来て幸せな気分を堪能した.(98.08.08泊)
・更新:00/07/06・04/06/15
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ