|小谷温泉・山田旅館|小谷温泉・雨飾荘

小谷温泉

おたり温泉は武田の武将岡田甚一郎が1555年に発見した歴史を持つ名湯。新潟との県境に近い。
上杉謙信が武田信玄に送ったと伝えられる塩の道「姫街道」を行き小谷の中土から中谷川に沿って12km登った山峡にある。 北に百名山の一つ雨飾山(1,963m)、西に北アルプスを望む標高850mの場所にある。 付近は上信越高原国立公園。 春の新緑・山菜、夏は、登山・避暑、秋の紅葉、冬の雪景色と厳しい、美しい自然がある。 
旅館 大湯元・山田旅館:電話:0261-85-1221
場所 〒399-9511 長野県北安曇郡小谷村中土小谷温泉
道路 長野自動車道豊科ICから75km・約1時間30分
北陸自動車道糸魚川ICから44km・約50分
鉄道 JR大糸線南小谷下車小谷温泉行きバス30分終点下車旅館前・5往復/日
風呂 大浴場男女別各1・内湯男女別各1・露天風呂男女別各1
泉質
効能
ナトリウム炭酸水素(重曹)泉:47度・殆ど無色透明・無臭・炭酸味・PH6.9・湧出86.6g/分
浴用効果:ヒステリー及び神経衰弱特に頭部充血の傾向のあるもの・創傷・火傷・慢性皮膚病・慢性婦人病・慢性関節リュウマチ・神経痛・神経炎
共通:筋肉痛・関節炎・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・痔瘻・冷え性・病後回復・健康増進
飲用効果:慢性胃腸カタル・胃酸過多症・肝臓病(肝炎)と胆道の慢性炎症・糖尿病・痛風及び尿素質・肥胖症・腎臓結石又は膀胱結石特に尿酸結石・慢性腎盂炎・慢性膀胱カタル・熱射病の予防
備考 照会:小谷村観光連盟・電話:0261-82-2233
食 :
地酒:白馬錦・美寿々
営業 入浴のみ 10:00-15:00 可
特記 日本秘湯を守る会所属
山田旅館の外観

山田旅館の内湯

感想・評価
江戸時代から続く三階建ての本館に加え、最近新館が建てられお客の収容人員が増えた。
湯  :古くから知られた名湯・泉質・温度・湯量など勿論評価5
立地 :秘湯に相応しい場所にある。場所は申し分ない
仕掛け:旧館の内湯は、2mの高さから豊かに流れ落ちる打たせ湯・寝湯など仕掛け有り、古くから続く湯治場の湯の仕掛けとしてはいい。新館に作られた野天風呂は、小さくて今一。
信泉会の記録:
79fall:79/11/2-4
97fall:97/10/25-26


・温泉の地図は左のロゴをクリックする
生活地図サイト MapFan Web利用

・更新:97.10.27・98.04.03・00/07/01・00/09/06・05/07/04

Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ