穂高温泉郷
安曇野は春は名のみの春の遅い「早春賦」の里。
残雪の北アルプス、道端の「道祖神」,
豊富な清水のわさび田。高い青い空!!
多数の温泉宿。

泉質
効能
単純硫黄泉:65〜90度
毛細血管を拡張させる効果があり解毒作用が強く血圧を 下げる、炎症をおさえるなどの特効性がある。 入浴中肌がぬるする
リュウマチ性疾患・創傷・湿疹・消化器系疾患他
備考
照会穂高町観光協会:電話:0263ー82ー3131
観光:
碌山美術館(萩原碌山・高村光太郎・中原悌二郎の彫刻)
有明美術館(ロダン・池田満寿夫)
重文「松尾寺薬師堂」・栗尾山満願寺(真言宗・つつじ園)
穂高神社(里宮は日本アルプスの総鎮守)
有明山神社(有明山を信仰崇拝する山岳信仰神社)
等々力屋(松本藩御本陣)
重文「曽根原家」(江戸前期の切妻造板葺平入の民家)
鐘の鳴る丘わさび田・道祖神
宿
旅館ホテル27軒・民宿ペンション18軒・公共の宿2軒
町営しゃくなげ荘:0263-83-2050
穂高ビューホテル:0263-83-6200
山のたこ平   :0263-85-2802
・ほか

旅館
町営穂高温泉しゃくなげ荘:電話:0263-83-2050


場所
〒399-8301 長野県南安曇郡穂高町有明
昔から安曇野の伝わる伝説の主人公八面大王公園の近く昭和48年(1973)創業の町営温泉保養施設。4月下旬から5月上旬周囲にはしゃくなげの花が咲き揃う。風呂は1階が外来用。宿泊客用には二階に内風呂がある。
道路
長野自動車道豊科ICから10km20分
鉄道
JR大糸線大町駅下車タクシー10分
泉質
単純硫黄泉:65〜90度・効能
備考
観光:鐘の鳴る丘・山岳美術館が近い
食 :穂高周辺の特産のワサビ漬け・手打ち蕎麦・馬刺など
地酒:アルプス正宗(松本)
感想
評価
気軽に利用できる湯。
湯  :中房温泉から引き湯
立地 :安曇野にある。町の湯
仕掛け:内湯が壁を隔てて二つあり。
営業 宿泊施設 収容:
     宿泊料:7950\(二食付)
入浴のみ 時間 :9:30-20:00
     入浴料:\300・休憩は\1000
     定休日:第3水曜日


温泉健康館:クワハウス施設が充実、しゃくなげ荘の隣・町営日帰り専用施設
●住所・電話番号:〒399-8301 長野県南安曇郡穂高町有明 ・0263-83-4990
●温泉・泉質:アルカリ性単純泉・中房温泉有明荘より引湯・65℃
   ・効能:神経痛・五十肩・消化器病・うちみ・痔症など
●営業・時間・定休日:9:30am-8:00pm(-9:00/7.8月)・第1水曜日
   ・入浴+休憩料:大人 \300(+200) 小人 \150(+100)
●施設:男女別大浴場・泡沫湯・サウナ・休憩室・トレーニングルーム
●宿泊施設:なし

ホテル
穂高ビューホテル:電話:0263-83-6200
蝶ケ岳を望め、眼下には安曇野の町並みが広がる烏川渓谷のホテル。クア施設(クアプラザ安曇野)が充実しているメンバーシップのホテル。お盆やゴールデンウィークなどを外せばビジターでも宿泊可。クアプラザ安曇野は一般客も利用可。
場所
〒399-8301 長野県南安曇郡穂高町大字有明
道路
長野道豊科ICより車20分
鉄道
JR大糸線穂高駅よりタクシー15分
風呂 内湯男女別各1・露天風呂男女別各1
泉質
単純硫黄泉:65〜度・効能
備考
照会:観光
食 :フランス料理のシャモニー・京風懐石料の安曇野
地酒:大雪渓
営業 宿泊施設 収容:和室12 洋室38 和洋室46 特別室2
     宿泊料:\10,000〜 20,000
入浴のみ 時間:11:00〜 19:00(露天は不可)
     料金:\1,100〜\2,100(プール使用料含む)

旅館
山のたこ平:電話:0263-83-2802

場所
〒399-8301 長野県南安曇郡穂高町大字有明8969
道路
長野道豊科IC→R174→穂高交差点左折→穂高駅前→県道小岩岳穂高線。ICから10km
鉄道
JR大糸線穂高駅からタクシーで10分
泉質
単純硫黄泉:65〜度・効能
備考
照会:観光
地酒:大雪渓
特記
「安曇野」探索の基地として利用すると良い。
大きな風呂。風呂のみの利用も可。 割烹旅館。
有明温泉から引湯。
信泉会の記録:96fall(96/10/27)


地区
店名
場所・電話・営業時間・定休日
特記事項
安曇野
穂高
アザレア・ギャラリー
南安曇郡穂高町有明3618-31
TEL:0263-83-3637
温泉珈琲と信濃路ピザの喫茶店・ギャラリーで常設展示・赤松に囲まれた煉瓦造りの静かな佇まいの店
アザレアギャラリー
・更新:97.11/01・98/10/11・99/05/03・99/11/20・01/01/04・01/05/05・02/02/10
Copyright © 2002 Shunji Mori All rights reserved.
信泉会のホームページへ 信州の秘湯の目次へ