明科町|長峰山

長峰山頂の景観

長峰山頂一帯は明科町総合パノラマパーク. 標高939bの長峰山頂上は、眼下に安曇野が広がり、安曇野の向こうに北アルプスの山々が連なってみえる絶好のビューポイントである。穂高岳・槍ヶ岳など飛騨山脈の山は見えないが、左から蝶ヶ岳・常念岳・大天井岳・燕岳・有明山(安曇富士)・針木岳・唐松岳・爺ヶ岳・鹿島槍・五竜岳・白馬鑓・杓子岳・白馬岳と続く。北アルプスのパノラマが堪能できる。川端康成や井上靖・東山魁夷が絶賛した景色なのである。
四月下旬、山桜が満開となる。桜のピンクが雪を頂いたアルプス連峰と空のブルーに映える
展望台の裏手から四賀村が望める。左手山裾を長野自動車道路が、旧善光寺街道に沿って、くねって走っていた。
展望台前の広場は、ハングライダーの基地として利用されている。
長峰山頂から暫く行くと森林体験交流センター天平の森がある。交流センターや天文台・バンガロー・オートキャンプ場など総合的アウトドア施設である。天文台からは星空が、 センターの中にあるふろからは、檜風呂で、窓の外に蝶ヶ岳や常念が眺められる贅沢が楽しめる。

・照会:長野県東筑摩郡明科町大字光2573-35・TEL0263-62-6235

・更新:99/03/14・01/07/12
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる ホームへ