長野県:郷土の作曲家「中山晋平」


中山晋平【なかやま・しんぺい】(M20/1887‐S27/1952):信州中野市出身の作曲家。1912年東京音楽学校本科(ピアノ)を卒業。1914年抱月の依頼で芸術座第3回公演「復活」の劇中歌「カチューシャの唄」(相馬御風・島村抱月作詞)を作曲,これが主演女優松井須磨子の歌で評判になり,作曲家として一躍名を知られるようになった。代表作に、 日本民謡の特徴を巧みに生かした『新民謡』と呼ばれる大衆歌謡の「船頭小唄」(野口雨情作詞),「出船の港」(時雨音羽作詞)、「東京行進曲」「東京音頭」(ともに西条八十作詞)や、数多くの童謡(例えば下記)がある。1928年からビクターの専属となり,佐藤千夜子の歌で数々のヒットソングを生んだ。作品総数約2000曲にのぼるという。 出身地の中野では、中山晋平の業績を称えると共に、時代への継承と発展を込めて、「中山晋平記念館」を設立し運営する一方、市教育委員会は「中山晋平記念音楽賞作曲コンクール」を創設開催し、毎年多数の応募が寄せられ、優れた作品を生みだしている。

■野口雨情作詞:しゃぼん玉(T9)・黄金虫(こがねむし)(T12)・兎のダンスT13)・証城寺の狸囃子(たぬきばやし)(T13) ■雨降りお月さん(T14)・あの町この町(T14) ■北原白秋作詞:あめふり(T14)・砂山(T12) ■西條八十作詞:肩たたき(T12)・鞠(まり)と殿さま(S4) ■海野厚作詞:背くらべ(T8)・露地の細路 ■浅原鏡村作詞:てるてる坊主(T10)

しゃぼん玉:野口雨情作詞・中山晋平作曲
歌詞解説
しゃぼん玉とんだ
屋根までとんだ
屋根までとんで
こわれて消えた
この「しゃぼん玉」は、作詞した野口雨情が生後まもなく死んでしまった長女に捧げた鎮魂歌だったとも云われている。 我が子の死を悲しみ、はかないシャボン玉にそれを託し、最後に”風風吹くなシャボン玉とばそ”と我が子の魂が天国で幸せにという気持ちを込めた詩に、中山晋平が、優しく曲をつけている
詩の生まれたいわれを知ると、詩にもメロディーにも子供を亡くした哀感がしみじみと滲みでている。
しゃぼん玉きえた
飛ばずに消えた
うまれてすぐに
こわれて消えた
風風(かぜかぜ)吹くな
しゃぼん玉とばそ

証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子(たぬきばやし):野口雨情作詞・中山晋平作曲
証 証 証城寺  証城寺の庭は  ツ ツ 月夜だ  みんな出て 来い来い来い 
 おい等(ら)の友達ァ  ぽんぽこ ぽんの ぽん
負けるな 負けるな  和尚(おしょう)さんに 負けるな 
 来い 来い 来い  来い 来い 来い  みんな出て 来い来い来い
証 証 証城寺  証城寺の萩(はぎ)は  ツ ツ 月夜に 花盛り 
 おい等(ら)は浮かれて  ぽんぽこ ぽんの ぽん

鞠(まり)と殿さま:西条八十作詞・中山晋平作曲
てんてん手鞠(てんまり) てん手鞠(てまり)  てんてん手鞠の 手がそれて  どこから どこまでとんでった
垣根をこえて 屋根こえて  おもての通りへ とんでった とんでった
おもての行列 なんじゃいな  紀州の殿さま お国入り  金紋(きんもん) 先箱(さきばこ) 供(とも)ぞろい
お駕籠(かご)のそばには ひげやっこ  毛槍(けやり)をふりふり やっこらさのやっこらさ
てんてん手鞠は てんころり  はずんでおかごの 屋根のうえ  「もしもし 紀州のお殿さま
あなたのお国の みかん山  わたしに 見させて下さいな 下さいな
お駕籠はゆきます 東海道(とうかいどう) 東海道は 松並木(まつなみき)  とまり とまりで 日がくれて
一年たっても 戻(もど)りゃせぬ  三年たっても 戻りゃせぬ 戻りゃせぬ
てんてん手鞠は 殿さまに  だかれて はるばる 旅をして  紀州はよい国 日のひかり
山のみかんに なったげな  赤いみかんに なったげな なったげな


・参照:こどものための MIDI DATA COLLECTION data by らーおや
・参照:中野市のホームページ中山晋平記念館
・参考:「日本のうた ふるさとのうた」全国実行委員会編「NHK日本のうた ふるさとのうた100曲」:講談社・1991刊
   :長野県商工会婦人部連合会編「信州ふるさとの歌歌声は山なみはるかー」:H5年(株)銀河書房刊
・制作:99/01/24・更新:99/03/07・01/02/12

もどる