中山道 諏訪路


中山道は、江戸時代の五街道の一つ.江戸板橋宿を起点とし、近江(滋賀県)守山宿まで六七宿.信濃路は碓氷峠を越えて、 軽井沢宿に入り、木曽の馬籠宿まで二六宿であった.中山道は、東海道と共に、江戸と京都を結ぶ道であったが、 東海道の方が、交通量も多く宿場の規模も大きく、東海道が126里余五三宿であったのに対し、 中山道は、139里で距離も長く、その上、碓氷峠をはじめ和田峠など峠が多く、人馬の往来に困難であったが、 人の往来が少なく、大河もなく、その渡りや渋滞も少なく、女道とも呼ばれ、盛んに利用された.江戸時代末期、皇女和宮 降嫁に使われた道であった.和田峠は中山道随一の難所。江戸方面からこの峠を下ると下諏訪宿である。信濃一ノ宮諏訪大社 春宮が、旅人を迎える.下諏訪宿で甲州街道と合流する.下諏訪から塩尻までは今の国道20号線.JR中央線、中央自動車道が 岡谷JCTを分岐して長野自動車道が併走する.

宿場・峠:佐久路碓氷峠軽井沢沓掛追分小田井岩村田塩名田八幡望月芦田長久保和田和田峠     :諏訪路:下諏訪塩尻峠塩尻洗馬本山                                  :木曽路贅川奈良井鳥居峠藪原宮の越福島須原野尻妻籠馬籠峠馬籠・・(美濃国)坂本 市町村 :下諏訪町岡谷市塩尻市                                     
宿場峠
場所
高速道
概要
温泉などの案内
照会先・分岐など
下諏訪 下諏訪町 諏訪郡下諏訪町: 和田峠を下ると諏訪大社下社春宮が旅人を迎えてくれる。下諏訪宿の入り 口.下諏訪は諏訪大社下社門前町・温泉湯治客の町・訪れてみたい歴史町 諏訪大社下社御柱祭・本陣跡の中山道随一の庭園・京風に作られた武家茶屋;下諏訪温泉郷(共同浴場:錦の湯児湯旦過の湯); 北東部に八ヶ岳中信高原国定公園に含まれる八島ヶ原湿原がある。この高層湿原に展開する植物群落は霧ヶ峰湿原植物群落とよばれ,天然記念物に指定されている
地酒:御湖鶴
前の宿は「和田」
甲州街道上諏訪(高島宿)へ
下諏訪・塩尻間は国道20号
下諏訪町商工観光課:
   0266-27-1111
岡谷 岡谷市 岡谷市: 1936年平野村が市制,明治初めまでは農 村であったが,1875年塩尻峠のふもとに西洋式器 械製糸工場が設立されてから製糸業が発展した。 生糸の生産量が日本一となったが、 戦後は、昔日の面影はなく,戦争中疎開した京浜地方の工場が定 着して,現在の岡谷はカメラ,時計などの精密機 械工業,電機などの近代工業都市になっている。 岡谷市立蚕糸博物館には,官営富岡製糸場で使用されたフランス製の製糸機械をはじめ,製糸関係の資料を豊富に 所蔵され,製糸史研究に欠かせない;高ボッチ山のパノラマ;岡谷温泉
地酒:神渡高天
鉄道:JR中央本線岡谷駅
中央道は岡谷JCTで長野道と分岐する
平出を経て三州街道小野宿
岡谷市商工観光課:
  0266-23-4811
塩尻峠 標高1055m・分水嶺(松本・諏訪 伊那)・絶景:眼下の諏訪湖・八ヶ岳 ・南ア連邦・富士山。交通の要所で屡々戦場になり、天文16年(1547 )武田氏が此の地で小笠原氏を降す。 江戸時代に中山道が通っていた旧峠(1055m)は, 現在よりやや北側。 一帯は塩嶺王城県立自然公園に属し,とくに 旧峠付近は御野立公園と呼ばれ野鳥の宝庫であ る。旧峠に茶屋本陣跡がある
塩尻 塩尻市 塩尻市: 塩の終着地が地名の由来。中山道の中でも交通の要所として最も 旅篭の多い宿場とし賑わう。今は松本の衛星都市。 明治の大火を免れた重文小野家; みどり湖高ボッチ片丘温泉
地酒:高波・笑亀
善知鳥峠を越えて三州街道小野宿
塩尻市観光課:
  0263-52-0280
洗馬 塩尻市洗馬(せば):木曽義仲が近くの清水で 馬を洗ったところから名が付けられた。道標:「右中山道、左北国脇往還善光 寺道」分岐点として賑わう。荷物貫目改所が置かれ、公用通行者の荷物の重量超過を調べた。 地酒:美寿々
鉄道:中央線塩尻駅バス15分又は中央
   西線洗馬駅下車徒歩15分
北国西街道(国道19号)郷原宿松本を経て、丹波島で北国街道と合流
本山 塩尻 塩尻市本山: 信州そば発祥の地も今は幻。 木曾11宿終着の地; 「本山のそば名物と誰も知る、荷物を ここにおろし大根」蜀山人 本陣小林家が現在も残り、松本 藩の口留番所跡、本山城跡など 、当時の面影が色濃く残る
鉄道:中央西線日出塩駅歩5分
中山道は木曽路贄川宿

・参考リンク:江尻光良の別荘と中山道のページにある中山道のページバーチャル中山道「新・岐蘇路安見絵図」・信濃国
下諏訪−塩尻−洗馬−本山
・参考文献:宮本常一著「塩の道」講談社学術文庫 ISBN4-06-158677-7
     :日本歴史地名大系 第20巻 平凡社 ISBN4-58-249020-4
・更新:98/07/05・01/02/07
Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
もどる