武田信玄のいくさみち 信玄の棒道


信玄の棒道は、武田信玄が、信州攻略のために作った軍用道路である。諏訪方面に上・中・下の三筋・南佐久郡に一筋ある。 いずれも八ヶ岳の裾野を南から北へほぼ真っ直ぐに等高線に沿って通ったのでこの名前がある. 上の棒道は、標高1100m前後の等高線沿いを大門峠まで総50余kmで途中、幕石・信玄の隠れ岩・泣岩・雨乞淵・御立場・弓懸木・我党場・向城・休岩など信玄に関わる伝承の地名が残っている. 伊那・三河攻略の道は、南アルプスの麓を構造線沿いに真っ直ぐ走る道(棒道)であったという.信玄終焉の地は、三州街道駒場の地であった.
諏訪方面の棒道:上の棒道      中の棒道       下の棒道      伊那方面

甲州:須玉町 :若神子
         +------------------+
   長坂町 :小荒間       大井が森
         +         +----------------------+
甲信国界   :六甲川        │           │
信州:富士見町: │        葛窪          先達       蔦木
         │         │          高森       富士見峠
        乙事東方      乙事          乙事下       │ 
         │        立沢          瀬沢新田      │
         │         +----------------------+        │
   原村  : │        中新田                   │
         │        八ッ手                   │
         │        大久保                   │
   茅野市 :鳴岩川・柳川合流点 山田                   金沢
        上槻木上      御作田                  金沢峠
        笹原        南大塩                  御堂垣外
        蓼科プール平    芹ヶ沢                  高遠
         │         │                    +--------------------+
        赤沼平       湯川                   市ノ瀬        伊那部
         │        柏原                   分杭峠         │
         +------------------+                    │          │
                  大門峠                  鹿塩          │
                   +------------+             │          │
                  役行者越え  小県郡大門         地蔵峠         │
                                        +--------------------+
                                       遠山郷        小川路峠
                                        +          │
                                       青崩峠        飯田
                                        +          │
                                        │         駒場(病死・長岳寺)
                                        +         
                                       三方ヶ原

・参考文献:日本歴史地名大系 第20巻 平凡社 ISBN4-58-249020-4
・制作:98/07/12

もどる