信濃の城趾:はじめに


信州に残されている城址を通じて、信州に纏わる歴史上の人物と絡めて、信州の歴史を辿みたい。

城址として残されているのは、土塁の跡であっても、その地方の領主が覇を唱える根拠地としての意味を持ち始めた時代、領主としての権威を示す時代から、領地争奪の時代あたりからの歴史の遺物といって良いのではななかろうか。そういった意味で歴史を遡ると、鎌倉時代あたりから信州領有の歴史を紐解くことになる。

荘園時代が終わって、武士が領国を統治するきっかけは、木曽義仲挙兵による倶利伽藍峠における平家討伐に端を発する。木曽義仲は、全国武士の統領となるにいたらず、源頼朝に滅ぼされ、頼朝の鎌倉幕府開府により武士の時代が訪れるわけだが、その時代の信州は、信濃国守護として小笠原氏が領する所となったが、東信濃の塩田の地は塩田北条氏の領地であった。

南北朝時代、南朝の宗永親王が大河原(現大鹿村大河原)を本拠地として勢力を張ったが、その覇を唱えるところと成らなかった。

戦国時代は、北信濃の高梨氏・東信濃坂城を拠点とする村上氏の活躍が目立つが、信玄の信州侵攻により敗れ、 信濃の地は、北信濃が上杉謙信の領するところとなった以外、信州の地は武田信玄に蹂躙され、滅ぼされるか、臣従するかして信玄配下の地になった。

それも長く続かず、 信玄滅亡後の信州は、また豊臣・徳川江戸時代を通じて、直轄地(天領)・配下の武将の領地(藩)として小さく分割され、その領するところが入り乱れて明治維新で廃藩置県がなされ、やがて長野県として統合され、城や陣屋の役割が終わった。 というのがまこと荒っぽい武家による信濃領有のストーリーである。

役目を終わった城跡は、土塁も残っていないものから、国宝松本城の如く、復興がなされ当時の姿を今に残すものまで色々あるが、今は県史跡に指定されている城址付近を訪れた折り、城址に立ち寄り、強者共(つわものども)の夢の跡に思いを馳せ、古き歴史を偲んでみるのもロマンを駆り立てるのではないかと思う。

北信:          東信:          中信:       南信:
・飯山市  :飯山城址  ・上田市 :上田城址   ・松本市 松本城址 ・諏訪市  高島城址
・中野市  :高梨館跡       :塩田城趾   ・         ・高遠町  高遠城址
・中野市  :陣屋跡   ・小諸市 :小諸城址             ・飯田市  長姫城址
・須坂市  :須坂藩陣屋跡・坂城町 :損尾城址             ・飯島町  陣屋跡
・長野市松代:松代城址  ・佐久市 :岩村田藩
             ・    :龍岡城址          

・制作:99/05/11・更新:99/06/20・04/05/08

もどる

counter from 99/07/17