北信五岳

 
北信五岳
長野と新潟の県境にある五つの単独峰を総称して、北信五岳(ほくしんごがく)と言います。北信濃で親しまれている風物詩です。

写真は、中野市在住の長島さんからお寄せ頂きました。

撮影した山ノ内町夜間瀬のこの位置からは、最も低い斑尾山が最も高い妙高山と肩を並べて見えます。

上信越ハイウェイの北信五岳(99.08.04)
桃の丹霞郷からみた春の北信五岳(01/05/01)
春の牟礼村の飯綱山:雪のなくなったゲレンデ脇のむれ水芭蕉園に行った時の写真。(01/05/01)
春の信濃町の黒姫山:牟礼村から信濃町へ移動する国道からみた、戸隠・黒姫・妙高(01/05/01)
初夏の戸倉町の北信五岳:つけば小屋の窓から千曲川の大正橋越しに見えた、戸隠山と妙高山(01/06/01)
北信五岳の景色のある長野電鉄線沿線風景(01/06/01)

・参照リンク:Nao信州の絶景・23:北信五岳を望む絶好の展望公園東山公園(中野市)
・     :北信五岳のページへようこそ
・制作   :99/03/27・01/06/14

Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
ホームへ もどる