諏訪湖の白鳥


諏訪湖を飛び立つ白鳥・撮影:03.01.25/夕方4:00頃
先週1/25、朝白鳥を撮りに行きましたが空振りでした。 全面結氷で殆どが上川にいるようです。(500羽くらい) 沖合に釜穴と呼ばれる温かい水が沸いて氷が張っていない場所があり、 そこをねぐらにしています。 空から見ると全面結氷の湖面にポッカリ黒く見えるんだと思います。 朝(7:00頃)20羽程度が横河川の河口に飛んできて、夕方(4:00頃) 釜穴に戻ります。(最近はもっと多いよう) このときを狙ってアマチュアカメラマンがやってきますが、今年はどうも あたりはずれが多いようです。 25日は寒くて(起きたときの外気温は−9℃)、諏訪湖の蒸気がいつまでも 晴れず(釜穴から流れてきた蒸気か?)、白鳥もなかなか飛び立たず(双眼 鏡で見ている人がいる)、数組がようやく飛び立ったものの全て上川を 目指して飛んでいきました。(肉眼でわずかに見える) 残念だったので、夕方行ってみたら20羽近くいて(朝その後飛んできた のでしょう)飛び立つところを撮りました。

Copyright © 2003 Toyama Akiyoshi All rights reserved.

トップへ もどる つぎへ