湯田中渋温泉郷・渋温泉・月見の宿「山一屋」・宿泊:01/03/13

七番湯「七繰の湯(ななくりのゆ)」近くのにある四階建て新築してまもない宿。1階と屋上に男女別に設けられた湯船がある。 湯はそれぞれ熱めだが適温にセットされている。屋上の女湯からは北信五岳が望める。
屋上風呂から夜は、月見・星見が出来る。
冬季は、炭火で煮るこだわりの鍋が夕餉に饗される。家族総出でもてなすアットホームな宿











●名称:月見の宿「山一屋」・電話:0269-33-3323
●住所:〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町渋温泉2050番地
●源泉:荒井河原比良の湯・山ノ内町横湯(温泉寺)
・泉質:ナトリウムーカルシュウム−硫化塩−塩化物泉
    (低張性弱酸性高温泉)
・泉温75.7・無色透明弱鉄分有り・(pH) 4.53・成分総計:1196.3mg/kg

●訪問記:前日の急な予約で、しかも一人旅なのに快く引き受けてくれる。午後二時に到着し通された和室は、 三階302号横手山という名の付けられたトイレ・冷蔵庫付きの和室。通りに面し窓から陽が差す明るい10畳間。目の前に屋根に積もった雪、 遠くに北信五岳も望める良い部屋だった。 早速外湯9湯をこなす。夜は屋上の湯で、朝は一階の湯に入る。どちらも熱めだが水で薄めないで入れた。 夕方、北信五岳に沈む夕日が美しかった。 夕食も朝食も一人客故部屋食。一泊二食付きで一万円の料金なのに、豪華な食事。炭火で煮る鍋の横には、岩魚の串焼きまである。 タラバガニまで付いていたりしてとても食べきれないかと思ったが、地酒縁起の生酒を晩酌にして平らげてしまう。さすがに腹がくちくなったが。 翌朝も青空。屋上のベランダで北信五岳の雪景色を撮るもなかなか思ったようにはいかない。 朝食後、温泉街をぶらつき、宿を後にしたのは、11時をまわっていた。 平日なのに客が多く、宿の方は、アルバイトも動員して忙しくしていたが、静かで、ゆっくり出来、心身ともにリラックスできた良い宿だった。

Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる