渋温泉外湯巡り・訪問:01/03/13



巡浴手拭い


一番・初湯


二番・笹の湯


三番・綿の湯




四番・竹の湯


五番・松の湯


六番・目洗い湯


七番・七繰の湯


八番・神明滝の湯


結願・大湯


番外・信玄竃の湯


満願・高薬師

渋温泉の外湯めぐりは、「一浴十年」といわれる渋温泉の名物。 9湯あり、すべてに入ると苦(九)労を流し、厄除け、病魔退散、不老長寿のご利益があるという。9湯いずれも泉質・効能の違う源泉の湯。 鍵がないと利用できない。鍵は各宿に備え付けられていて、宿泊客は鍵を借りると 無料でまわることが出来る。宿やみやげ物屋で温泉手拭いを300円で買い、湯屋の前に備えられた朱印を押して廻る。手拭いに 番外で有料の信玄竃の湯と薬師大師堂の朱印も頂くと満願となる。 歴史的には、渋温泉を行脚僧「行基」が、最初に発見したときの湯「初湯」が最も古いが、番号は必ずしも古い順でもないらしい。 渋温泉の中に点在する。順番にまわるには、一番から、時計の針と逆にまわれば良い。 各湯は地元の温泉組合が管理・メンテナンスしている。利用時間帯は朝8時から夜の10時まで。夜中は別鍵でロックされる。 外湯を廻るときは、ルールを守る心がけが必要である。利用させていただく気持ちがあれば、水を出したら出るときは必ず止める など常識の範囲だが。

●外湯9湯:
一番湯・初湯          :胃腸の湯
二番湯・笹の湯         :慢性湿疹・腺病質他諸病快復期効能アリ
三番湯・綿の湯         :切り傷・おでき
四番湯・竹の湯         :慢性痛風他
五番湯・松の湯         :軽度の背髄病・神経病・諸病快復期
六番湯・目洗いの湯       :眼病他
七番湯・七繰の湯(なのぐりのゆ):外病性諸症状・諸病快復期
八番湯・神明滝の湯       :中枢及末梢麻痺・婦人生殖器の慢性諸病他
結願湯・大湯          :神経痛・リュウマチ・諸病快復期・痔病他
満願・高薬師          :薬師如来に祈願印綬
番外・薬湯・信玄竃風呂     :蒸し風呂・美容健康・子宝

●訪問記:宿に着いて早々、巡浴手拭いを買い、宿に備え付けの温泉手形を持って、陽の高い中、宿から一番離れた三番湯笹の湯から、時計回りに 二番・一番・大湯・八番・七番・六番・五番・四番の順にまわる。激的に熱いので いずれも水道水でうすめないと入れないが、幸い先客の後に続いてまわったので、八番以外は適温になっている中浸かる。 八番は湯を被ったのみで湯船に入らずパス。湯船は結願湯大湯が一番大きく立派。木製で二槽ある。 いずれも有り難い良い湯なのに烏の行水スタイルで二時間足らずで9湯をまわってしまった。

Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる