信濃の城趾:上田城趾


櫓 大手門入り口 櫓 真田石 大手門出口 西櫓 真田神社 真田井戸 堀
 上田城は、真田幸村・信之の父真田昌幸が天正十一年から築城に着手し、天正十三年(1585)に一応の完成をみたと考えられている. 当時漸く広がりはじめていた平城の形式で 城自体の規模はさほど大きくはないが、南方に千曲川の分流である尼ヶ淵に面した断崖に臨み、他の三方は城下町と河川を巧みに配して、周囲一帯を埋めて堅固な防御陣地としている.
 この城が天下に名を知られるようになったのは、この城に拠った真田氏が二度に渡って徳川軍の攻撃を撃退した事に拠る. 一度目は、天正十三年。攻め寄せた徳川軍は七千余り、迎え撃つ真田軍は三千人弱であったという.しかし真田氏の巧妙な戦術により徳川軍は思わぬ大敗となり死者千三百余も出した.これに対し真田方の死者は四十人ほどであったという. 二度目は、慶長五年(1600)の関ヶ原の合戦の折りであった.関ヶ原に向かう途中徳川秀忠軍は三万八千という大軍.これに対し昌幸・幸村の率いる上田城兵はわずか二千五百ほどであった.しかしこのときも徳川軍は上田城を攻めあぐね数日間釘付けにされただけで終わり、関ヶ原の合戦に遅れ間に合わなかったという大失態を演ずる事になった.
 真田氏は、関ヶ原の合戦には、親子が輪kれて分かれて参加した.昌幸・幸村親子は西軍、昌幸の長男信之は東軍に参加した.幸村は大阪冬の塵・夏の陣で徳川軍に苦汁をなめさせ「真田、日本一の兵(つわもの)」と言われた.信之は松代藩の藩主となり上田を後にしている.
真田氏の上田城は関ヶ原の合戦後、徳川に没収され徹底的に破壊され、現存する上田城の隅櫓や石垣は、寛永三から五年(1626-28)にかけて仙石忠政によって築き直されたものである. 忠政による上田城再築は、忠政の死によって中断し、堀や石垣などの普請(土木工事)は完成したものの、櫓や城門を建てる作事(築城工事)は本丸のみの未完成に終わった.本丸には天守閣は建てられず、7棟の二層隅櫓と2棟の櫓門が建てられたことが絵図などの記録や発掘調査によって確認されている.上田城は仙石氏の後松平氏によって受け継がれ明治維新を迎えた.
 廃藩置県後明治七年上田城は民間に払い下げられ再び廃城となった.このとき本丸付近を一括して買い取った丸山平八郎は、明治十二年松平神社(現真田神社)創建に当たり本丸南側の土地を神社用として寄付、ついで明治二十六年残りの土地を遊園地用として市に寄付した.これが上田城趾の公園化の第一歩となった.現在三の丸は改変されているが、二の丸・本丸は土類・堀後・櫓などがあり昔の姿を留めている.特に
現存する3棟の隅櫓のうち、本丸西虎口(城郭の出入り口)に建つ1棟(西櫓)は寛永創建当初のものであるが、本丸東虎口(こぐち)の2棟(南櫓北櫓)明治初期に払い下げられ市内に移築されていたものを市民の寄付により買い戻し、昭和18から22年にかけて現在の地に復元したものである.これら3棟の櫓は江戸初期の貴重な城郭建造物として、昭和34年長野県宝に指定された.
 三櫓の構造形式はいずれも共通で、二層二階・桁行五間・梁間四間の妻入り形式である.屋根は入母屋造りで本瓦を葺き、外回りは白漆喰塗籠大壁で、腰下見板張り、内部は白漆喰塗りの真壁となっている.窓は白漆喰塗りの格子窓で、突き上げ板戸がついている.
 本丸東虎口櫓門と袖塀は、明治10年頃撮影された古写真と石垣の痕跡、発掘調査などを基に平成6年(1994)に復元したもの.櫓門と共に整備された本丸東虎口の土橋には、両側に武者立石段と呼ばれる石積が設けられ、本丸大手口としての格式を示している.
 城址公園として解放されている.二の丸には、山本県記念館・市立博物館がある.本丸には、真田石真田神社真田井戸などがある.堀は本丸堀・二の丸堀(欅並木になっている)・百間堀が残っている.春は桜の名所として賑わう.

・照会:上田市商工観光部観光課:0268-22-4100

・参考:公園内の案内板から
・制作:99/06/19
Copyright © 1996- Shunji Mori All rights reserved.
もどる