木島平交流センター・手打ちそばや「樽瀧」にて・訪問:01.01.31


平成12年12月にオープンしたばかりの「木島平村観光交流センター」の中にあるそば処「樽瀧」は、木島平の蕎麦研究会の方々が経営している手打ちそば屋さん。近くの飯山富倉の幻の蕎麦と同様、山牛蒡と呼称するアザミ科の植物「雄山火口(おやまぼくち)」の葉の繊維を繋ぎに使う蕎麦だ。この蕎麦の売りは、地元産の蕎麦を、臼で挽いて粉にし、蕎麦の外側の部分のみを使って、挽き立て打ち立て、茹でたての三たてのそばを食べさせてくれるという点にある。噛むと蕎麦の香りと甘みが口の中に広がる。腰の強い、旨い蕎麦、幻の蕎麦の味だ。樽瀧の名前は、近くを流れる樽川の上流にある幻の瀧の名前に由来するのだという。
●名称:幻の手打ちそば処「樽瀧」
●住所:〒389-2303 長野県下高井郡木島平村上木島2548-1 木島平村観光交流センター
●電話:0269-82-3955
●営業:1100〜19:00・定休日:無休

Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる ホームへ