信州秘湯会・灰沢鉱泉・撮影:02/10/26 & 27




灰沢鉱泉入口



灰沢鉱泉


川と紅葉



囲炉裏



温泉


夕食
岩魚の刺身が旨い



山の中の一軒家。玄関や別館が新築されていたが、浴槽がある旧館は昔ながらの秘湯の雰囲気を 残す鉱泉の宿。囲炉裏に炭がおこっていて、炭の匂いが漂う。浴槽はその奥にあった。 黄褐色の内湯は、夜は10時まで・翌朝6時の湧かしてある。 庭に面して木桶の露天風呂がしつらえてあったが、こちらは温泉ではないとのことであったが、 湯口から湯が湧き出ている混浴の湯船だ。

夕食は鍋をメインに、後から焼き魚と岩魚の刺身が出る。これが旨い!絶品の味!岩魚のタマゴ も添えられていた。量はたっぷり。食べきれずに残す。お酒は地酒の「杉の森」だった。
《データ》:
住所:長野県木曽郡上松町大字小川5506
電話:0264-52-3287
泉質:含二酸化炭素・鉄・カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素冷鉱泉(中性低張冷鉱泉)
分析:源泉 8.1 度・pH 3.22・蒸発残留物:1700mg/kg
  +:Na(195.6) K(7.49) Mg(95.2) Ca(323.1) Al(0.83) Mn(1.07) Fe(28.1)
  -:F(1.87) Cl(150) CO2(1197.0)・H2SiO2(110.9) BHO2(0,96) HAsO2(0.039)・CO2(2193.0)
効能:創傷、火傷、神経痛、リウマチ、アトピー、婦人病、貧血、糖尿病
料金:外来/10;00~15:00・\500・宿泊/\12.000
交通:車)中央自動車道中津川ICから国道19号経由で55km90分/長野自動車道塩尻ICから国道19号経由・JR)JR中央本線上松駅からバス赤沢美林行きで15分、灰沢鉱泉入口下車、徒歩20分
観光:上松町観光協会・電話:0264-52-2001

・参考:灰沢鉱泉灰沢鉱泉
・制作:02/11/05
Copyright © 2002 Shunji Mori All rights reserved.