下諏訪散策諏訪大社下社参拝中山道下諏訪宿散策諏訪湖畔で||98.1.10|・|御柱祭:98.5.10|
諏訪大社下社 諏訪大社下社秋宮
奉納された諏訪の地酒勢揃い

諏訪大社下社春宮
下馬橋
鞍
諏訪大社下社参拝
雪の秋宮を参拝.この時期はこの秋宮に神がおわす.下諏訪駅か ら右手に徒歩約10分、中山道と甲州道中の交わる道中側にあ る。石段を上った左手に諏訪の酒の薦被りが奉納されていた。 手前の社は神楽殿。後ろに拝殿がある。御柱が両側に立つ。 ご神体は後ろの神木。秋宮は一位の木.妃神の祭られているこ 神社は心なしか和らいだ印象を受けた.




下社春宮は秋宮から旧中山道を約20分歩いたところにある。
神が秋宮に遷座されている春宮はひっそりと静かな佇まいであ った。ここに神がおられるのは2月1日から8月1日.


春宮の参道大門通り、宮に入る手前に屋根付きの太鼓橋がある 下馬橋といい、ここで乗り物を降りる身を清める所.お船祭り で、神輿を渡すのに今でも使われる以外普段は閉鎖.


参道にある民家の軒先に藁で作ったが飾られていた.

中山道一里塚 本陣
綿の湯
児湯
過旦の湯
中山道下諏訪宿散策
諏訪大社下社秋宮と春宮を繋ぐ旧中山道は、昔の下諏訪宿の面 影を色濃く残している。道の中程に一里塚が残っていた。
二年部ぶりの大雪が降ったという中山道下諏訪宿を訪ねてみた 下諏訪宿本陣は、当時の姿を残している。

古来よりの湯の街下諏訪の三名湯(源泉):綿の湯・児湯・過 旦の湯が道沿いにあった。
綿の湯は、やましい者が入ると神の怒りに触れて、湯口が濁っ たという神の湯.この前が中山道・甲州街道交点.本陣は隣.

児湯は殿様しか入れなかった湯。枯渇したが引き湯で復活、今 は遊泉ハウス児湯といって休憩室付き公共の湯

過旦の湯は鎌倉時代に建てられた修行僧のために寮のあと

冬の諏訪湖の夕暮れ
湖畔の湯
ハーモ美術館
うなぎ小林
諏訪湖畔で
春宮から雪の大門通りを下って諏訪湖畔のハーモ美術館を目指 した。途中道を尋ねた小母さんが後からご主人の車で追いかけ てきてくれて美術館まで乗せてくれる。歩き通していたら雪の 中で道に迷っていたところ「ありがとう!!」思いがけない旅の 親切に触れて感謝感激!!
JR下諏訪駅から諏訪湖よりの地域は比較的新しく開けた所。 諏訪湖畔に建つ「ハーモ美術館」にたどり着いたのは冬の早い 夕暮れ午後5時に迫っていた。ハーモ美術館の冬の閉館時間は 午後5時とのこともう閉まっていた。親切を生かせなかった。 残念!!又の機会に。パンフレットを貰って帰る。
近くにある湖畔の湯を探して雪の道をうろうろ。美術館の裏手 にあった。ここは民営の公衆浴場。休憩室もある。熱い湯。
湯上がりに近くのガイドのあった「うなぎ小林」へ。旨いうな ぎと暖かいもてなしがえかった。

Copyright © 2000 Shunji Mori All rights reserved.
もどる