北国西街道「刈谷原宿」

松本・岡田宿から刈谷原峠を越えた山間の宿場。善光寺街道の次の会田宿まで5km。上田方面へ保福寺街道保福寺宿へ5kmの分岐点でもあった。 今は、長野県東筑摩郡四賀村にある。明治になって鉄道が開通する前は、主要な街道として、古の大和の時代から盛んに使われた。今は、バスの便も少なく、人の訪れるのも希な山里の集落となっている。昔の宿の面影を残すものは殆どない。写真は刈谷原部落への入り口付近(99.3.13訪問)
刈谷原宿

もどる