しらびそ高原に遊ぶ
しらびそ高原で見る南アルプス連峰
しらびそ高原で見る中央アルプス連峰
しらびそロッジ
上村まっぷ
しらびそ高原は、南信州・遠山郷・長野県下伊那郡上村にある.標高1915bもあるこの高原では360度のアルプスのパノラマが広がる.南アルプスの峰々は眼前に迫る.また視界を180度転ずると、中央アルプス連峰が遠望出来る.誠に風光明媚な所である.上村の地元から車道が整備されていて比較的容易に到達できる.
近代的ホテルの佇まいのロッジ「ハイランドしらびそ」が建っていた.さすがの冬季は経営していないということであった.温泉でないが展望風呂があるという.一度泊まって朝日を見てみたい.
訪れたのは98年の5月末.山に雪がないのが異様.今年の冬は雪が平年以上に積もった筈であるが、春の最高の最高の気温や例年にない雨の多さが雪を早く溶かしてしまったらしい.

・写真は上から順に:
 ・南アルプス連峰近望(880.7KB):標高3030bの赤石岳・3032bの荒川岳などの峰が連なる.
 ・中央アルプス連峰遠望(945KB):遠くに中アの主峰木曽駒ヶ岳千畳敷カールが望める.
 ・ロッジ「ハイランドしらびそ」(642KB):アルプスが展望できる78人収容の宿泊施設.
 ・上村まっぷ(2.1MB):遠山郷上村は南アルプスの山際を走る秋葉街道(R152)沿いの村.

北アルプス・穂高と槍  ・右の写真は、北アルプス穂高岳(3190m)と槍ヶ岳(3180m)遠望(02/06/09撮影)
 
 
 
 
 
 
 

・制作:98.6.5・更新:02/07/26
Copyright © 2002 Shunji Mori All rights reserved.
もどる ホームへ