●長野県下高井郡野沢温泉村寺湯
●電話:0269-85-2582

民宿湯沢の外観 食堂
野沢温泉村の外湯の一つ「上寺湯」の前にある民宿。
毎年1/15に行われる日本一の火祭り、国指定重要無形民俗文化財「道祖神祭り」では、代々火元を 務める由緒ある宿。
温かい人情で、てきぱきと対応する女将が切り盛りする宿。
囲炉裏のある食堂は、道祖神祭りの夜は、その年の厄年代表に酒が振る舞われ、御神歌が歌われた 後、火打ち石で火付けの儀式を行う部屋となる。
民宿組合で紹介して頂き、平成14年の火祭りの夜、泊めて頂き、火付けにいたる儀式の一部始終を見物する幸運に 恵まれた。当日は、我々夫婦を入れ四組11人の限定客であった。

夕食の膳 朝食の膳
豪華なおかずが並ぶ夕餉の席
鼈甲色に漬かった本場の野沢菜漬本漬けは、塩が控えめの素朴な味。お代わりして良いよとの女将の 言葉が嬉しく、お言葉に甘えてしまった。祭りの夜は、振舞酒も付いていた。
朝から、鰤(ブリ)の照り焼きまで付いた、朝食。御飯とみそ汁がとりわけ旨かった。

野沢温泉村民宿組合:0269-85-2068 ・外湯「横落湯」の上に事務所がある。

・制作:01/11/22
Copyright © 2002 Shunji Mori All rights reserved.
ホームへ もどる