野沢温泉の外湯:大湯

大湯 湯船
・特徴 :野沢温泉のシンボル.犬養の湯または惣湯ともゆう.
     江戸時代、飯山藩主松平候が湯屋として創建したのが
     はじまりと伝えられる。
     殿堂式建築様式を加味した最も古い浴場の一つ。
・場所 :野沢温泉村の中心の大湯通りにある.
・湯質 :含硫黄ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉
     低張性アルカリ性高温泉・源泉の湯
・温度 :66.4度
・PH :8.7
・固形物:772mg
・効能 :胃腸病・リウマチ・婦人病・中風に効果的。
     あたたまる湯で、飲用にも良い
・安置仏:薬師三尊
     ・薬師如来
     ・日光菩薩・月光菩薩
・訪問歴:90.10.27・99.04.30・01.11.08:外湯巡りで最初に入る湯
・照会 :野沢温泉村観光課:0269-85-3111

・制作:99/05/09・更新:01/11/23
Copyright © 2001 Shunji Mori All rights reserved.
もどる