松代散策T:98.04.30(U:98.11.14

長国寺 日暮庵 真田宝物館 松代温泉松代荘 真田邸
初春の午後の一時、松代を訪れた。江戸時代松代藩真田氏の城下町であった所だ。

松代は今は長野市に編入されているが、江戸時代は、北国街道松代道の宿場町でもあった。松代城は、今は石垣を残すのみであるが、武田信玄が川中島の合戦に備えて海津城として築城したもの.松代の町は、武家屋敷など古い幕藩時代の遺跡が数多く残されているが、その一部を観て歩いた。長国寺は歴代藩主の菩提寺である。城址の近くに、真田宝物館、並んで真田邸がある。真田邸は、9代目松主の母お貞の方の隠居所として建てられたもの.静かな庭園と簡素な建物の調和が見事であり、植え込みも刈り込まれ、躑躅が美しく咲いていた。

松代では、そばは「日暮庵」に決めている。真田藩財政の建て直しに功績のあった恩田氏の屋敷であったところ。松代温泉にも行ってみた。国民宿舎松代荘の湯を選んだ。褐色の湯.露天風呂もあるが壁で仕切られていて開放感は味わえない.帰った後、メールを頂き、近くの加賀井温泉の方が歴史のある湯で そちらの方が良かったみたい。事前の調査が不足していた。
また機会を作って再訪しようと思う。

・更新:02/08/22
Copyright © 2002 Shunji Mori All rights reserved.
もどる