秘境秋山郷最奥・冬季の切明温泉雄川閣・撮影:02/03/02



冬の和山温泉を訪ねた後、切明温泉へも行けるというので、行ってみた。道はきれいに除雪され、切明温泉までも車で15分ほどで着いた。宿の前にはうずたかく積まれた雪があったが、中にはいると年中無休の看板が下がっていて印象的であった。

早速雑魚川の畔にある露天へ。長沓を履いて行かないと行けないほどに雪に埋もれていた。ここは、河床を掘れば温泉が焼き出て、溜まるとので有名なところだが、河原で温泉が出る辺りは雪が溶け湯煙が上がっていた

秋山郷最奥にあるこの切明温泉は、85年秋に来たときとは何と違う風景かと思うほど、銀世界だった。


●泉質:Ca Na-塩化物・硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)54.7度
●効能:神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔瘻・冷え性・病後回復期・健康増進・疲労回復・動脈硬化症・切り傷・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
●住所:〒949-8321 栄村堺切明・電話:0257-67-2252
●交通:車)上信越道飯山ICを降り国道を新潟方面に行き、津南町で国道へ左折 ●JR)飯山線森の宮駅下車バス・津南で乗り換え
観光照会:長野県下水内郡栄村役場(0269-87-3111)

・制作:02/03/21
Copyright © 2002 Shunji Mori All rights reserved.
もどる ホームへ