碌山美術館・撮影:97.07.30

碌山美術館
彫刻「労働者」

JR大糸線穂高駅の近くに昭和33年(1958)創設された地元出身の彫刻家萩原碌山の作品を展示している美術館。 碌山は、水星の如く登場し東洋のロダンと呼ばれた将来を嘱望されながら、明治43年32才の若さで夭折した。北上虎吉像や女は重要文化財に指定。新館には高村光太郎、 戸張孤雁・中村氏悌次郎の作品も展示されている。赤煉瓦に蔦の絡む教会風建物で、安曇野の象徴である。
場所:〒399−83 南安曇郡穂高町大字穂高5095―1 電話:0263-72-9964
開館:9:00-17:00(-16:00/11-2月)月曜日休館(祝日は翌日)

もどる

Copyright © 1997 Shunji Mori All rights reserved.