名称
曹洞宗「安楽寺」
由緒
慈覚大師の開山と伝えられる。鎌倉時代樵谷禅師
再興し、幼牛禅師の法灯を継ぐ、信濃最古の禅寺。
名跡
国宝・八角三重塔:寺の背後の山腹にある鎌倉末期に
建立された唐様の塔姿。八角の形で残っているのは、
日本で唯一。内陣に「金剛界大日如来」が安置されている
国宝の指定は昭和27年
重文・樵谷・幼牛禅師像(鎌倉)
天然記念物「百足石」:別所の地層を語る「化石」群
亀石」と呼ばれる日本第二の大きさと言われる鼈甲石
住所
〒386-14 長野県上田市別所温泉
電話
0268-38-2062
交通
上田交通別所温泉駅下車徒歩15分
備考


anraku tenple hakkaku tower
・更新:97/11/16・00/07/14

信泉会のホームページへ 仏閣もくじへ
Copyright © 1996- Shunji Mori All rights reserved.