----- Original Message -----
Sent: Wednesday, December 27, 2000 6:23 PM
Subject: 横田秀雄について

 お世話様です。問い合わせのあった横田秀雄先生のことですが、生年月日、没年、雅号等については、次のとおりです。
横田秀雄
 生年月日 文久2年8月18日、松代町代官町に生まれ、父を数馬、母を喜代という。3歳で祖父より三字経を習いはじめ、後に寺子屋にかよい、明治6年12年小学校が開校となり、第1期生となった。15歳で下等小学を卒業し、16歳で長野師範に入り、半年後、松本中学へ、明治21年帝国大学法科を卒業。判事になる。明治42年法学博士の学位を受ける。明治43年遣外法官として欧米に派遣。大正15年9月、大審院長に任ぜられ、昭和2年8月停年退職。帝国学士院会員。明治大学総長。象山神社成立に功績。象山神社造営にさいしては、三千余枚の色紙を揮毫し、賛助者に頒つ。民法学の権威。昭和13年11月16日東京都中野区で病死。享年77歳。青山墓地に眠る。雅号は、鵠山。